ページの本文へ

Hitachi

おしゃれ着(ドライ)コースとデリケート(ソフト)コースでは、洗いかたやおすすめの洗濯物などが異なります。
上手に使い分けていただくと、衣類の傷みや型くずれを抑えることができます。

各コースの特徴については、以下をご参照ください。


お湯や風呂水の残り湯は使用しないで、水道水を使用してください。
洗濯物の縮みや、入浴剤の色が移るおそれがあります。

洗濯できる容量や、コースにより洗濯できないものなどお使いの機種により異なります。
詳しくはご使用の製品の取扱説明書をご参照ください。


おしゃれ着(ドライ)コース

タテ型洗濯乾燥機/全自動洗濯機は、遠心力による押し洗いで、形くずれを抑えながら洗います。
ドラム式洗濯乾燥機は、たっぷりの水を循環させながら、ドラムをほとんど回転させずに洗います。

おしゃれ着(ドライ)コースについて、詳しくは以下のページをご覧ください。


おすすめの洗濯物

スカートやセーター、洗濯絵表示でwash_a14_icon01.png(手洗い・ドライクリーニング)の表示のある衣類に使用してください。
wash_a14_001.png


使用する洗剤

おしゃれ着用液体中性洗剤(毛・絹用)


デリケート(ソフト)コース

タテ型洗濯乾燥機/全自動洗濯機は、水をたっぷり使い、弱水流で衣類を泳がせるように洗います。
ドラム式洗濯乾燥機は、シャワーの勢いをやや弱めて揉み洗い、衣類の傷みを抑えて洗います。

デリケート(ソフト)コースについて、詳しくは以下のページをご覧ください。


おすすめの洗濯物

ランジェリーやストッキング、洗濯絵表示でwash_a14_icon02.png(液温30℃を限度、非常に弱い洗濯)の表示のある衣類に使用してください。


使用する洗剤

液体中性洗剤、または液体合成洗剤



「おしゃれ着(ドライ)コース」、「デリケート(ソフト)コース」で運転する場合は、洗濯物の取扱絵表示をご確認ください。


今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。