ページの本文へ

Hitachi

排水口が洗濯機本体の真下にある場合は、別売部品の直下排水キット(HO-P5、HO-P10)を取り付けることで排水ができます。
*防水パンの寸法によっては排水できない場合があります。

直下排水キットは、お近くの日立のお店や販売店でご購入ください。

本ページでは、タテ型洗濯機(BW-X120G)で防水パンの真下に設置する場合と、床に直置きする場合を例に説明しています。詳しくは、据付説明書をご確認ください。
また、設置時に周囲の作業スペースを考慮する必要があるため、事前に販売店や専門の施工業者にご相談ください。



四隅が高くなっている640mm幅の防水パンに設置する場合

wash_a219_001.png

設置条件1

  • 高さ(a):32mm以上
  • 内寸(b):610mm以上、または内寸(b)575mm以上610mm未満で、設置面深さ(c):10mm未満
  • エルボと設置面の段差(d)-(a):7mm未満

直下排水キットは不要で、付属の排水ホースを直接エルボに取り付けられます。


設置条件2

  • 高さ(a):28mm以上
  • 内寸(b):575mm以上で、設置面深さ(c):14mm未満

別売部品の、防水パン用直下排水キット(HO-P10)が必要です。
wash_a219_002.png



設置条件1、2以外の場合は、本体を設置できません。販売店や施工業者にご相談ください。



床に直置きする場合や、幅が640mm以上の防水パンに設置する場合

別売部品の直下排水キット(HO-P5)が必要です。HO-P5には、L形パイプと据付脚(ゴムアシ)がセットになっています。
wash_a219_003.png


防水パンの外周部分と、洗濯機の設置面との間が19mm以下になってしまう場合は、排水ホースが真下に通せなくなってしまいます。
この場合は、直下排水キット(HO-P5)のL形パイプを、同梱の据付脚(ゴムアシ)の中に通し、洗濯機の設置面を底上げしてください。
かつ、排水ホースが壁に当たらないように、壁から13cm以上離してください。

wash_a219_004.png



  • 排水口が本体真下にあってお手入れができない場合は、別売部品の糸くずボックスを排水ホースの間に取り付けることで、糸くずボックス内にごみを集め、詰まりを防止することができます。
    wash_a219_005.png

  • 排水ホースを排水口に取り付ける方法は、以下のページをご確認ください。

  • 直下排水キット(HO-P10、HO-P5)や、糸くずボックスの適合機種は、以下のページをご確認ください。


カテゴリ別に探す

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。

※6月25日21時~6月26日6時まで、メンテナンスによりWEB受付がご利用いただけません。ご不便をおかけいたしますが、メンテナンス時間帯以外のご利用をお願いいたします。