ページの本文へ

Hitachi

排水ホースの据え付けに関しては、専門の施工業者へご依頼ください。
業者以外が据え付けし、万が一正しく取り付けられていないと、排水口から水漏れし、住宅や家具がぬれてしまう可能性があります。

以下にタテ型洗濯乾燥機 BW-DX120Gを例に、排水ホースの取り付け方法を説明します。
詳しい取り付け方法は、機種や排水口の形状によって異なります。お使いの機種の据付説明書をご覧ください。


目次



事前確認

  • 洗濯機を防水パンに設置する場合は、以下のページをご確認ください。

  • 排水ホースを取り付けるときは、洗濯機と排水口の位置によって方法が異なります。
    排水口が洗濯機の真下にある場合は、別売の「直下排水キット」で、排水ホースを取り付けることができます。詳しくは、以下のページをご確認ください。


    排水口が洗濯機の真下以外にある場合は、直下排水キットは不要です。

  • 排水ホースを延長したい、短くカットしたいなど、長さを調整したい場合は、以下のページをご確認ください。

  • 排水ホースの先端に、ホースピースがしっかり固定されているかご確認ください。
    wash_a203_001.png

排水ホースを直接排水口に差し込む方法


1.排水ホースの先端がふさがってないことを確認する。

排水口が浅く、先端がぶつかっていると、水が流れにくくなります。
wash_a203_002.png


2.排水ホースを折れ曲げないように差し込む。

排水ホースの先端が、排水の力や振動などで抜けないよう、しっかりと差し込んでください。
wash_a203_003.png

排水用の配管が見えない場合は、位置をよく確認し、排水ホースの先端をしっかりと差し込んでください。


排水エルボ/排水トラップに取り付ける方法


1.ホースピースが取り付けられた排水ホースを、排水エルボまたは排水トラップに接続する。

ホースピースは、水漏れの原因になることを防ぐため、根元までしっかりと差し込んでください。
wash_a203_004.png


2.結束バンドまたはホースバンドで固定する。

以下の画像は、ホースバンドで固定するときの例です。
wash_a203_005.png




  • ホースバンドはエルボを締め付けて固定しますが、結束バンドはホースフックとエルボを結び付けます。どちらで固定するかは、排水エルボ、排水トラップの形状をご確認ください。
  • ホースバンドまたは結束バンドを固定したあとは、排水ホースが抜けないことをご確認ください。

カテゴリ別に探す

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。

※6月25日21時~6月26日6時まで、メンテナンスによりWEB受付がご利用いただけません。ご不便をおかけいたしますが、メンテナンス時間帯以外のご利用をお願いいたします。