ページの本文へ

Hitachi

暖房運転始動時(予熱)と除霜運転時に運転ランプは点滅しますが、故障ではありません。
暖房運転始動時、暖かい空気が吐き出せるまで、予熱運転をします。また、暖房運転時、外気温度が低下してきて、室外機の熱交換器の温度が0℃以下になるような場合、室外機の熱交換器に霜が付着してきます。
霜が多量に付着すると暖房能力が低下し室内の暖まりが悪くなるので、霜を溶かすため除霜運転を行います。

修理する場合の目安はこちら

ご申告内容に対する故障時の修理対応目安を表示いたします。
お使いになっている製品の型式を入力ください。

ご利用型式
※半角英数字で入力してください(例:RASX80J2)

※ご利用型式が不明の場合はこちら
ご確認後、そのままWEBにて修理のお申し込みも可能です。

今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

「故障かな?」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。