ページの本文へ

Hitachi

2つの運転の違いは、カビの発生を抑える場所です。


[ 内部クリーン」運転]
エアコン本体(室内機)内部のカビの発生を抑えることを目的とした機能です。

冷房や除湿などの運転終了後に、室内機内部を乾燥する運転を行い、カビを抑制します。
※付着した汚れやカビをとる機能ではありません。
air_a35_01.jpg


[「カビ見張り」運転]
お部屋のカビの発生を抑えることを目的とした機能です。

設定しておくと、運転停止中にお部屋の温度・湿度を見張ります。
カビが発生しやすい温度と湿度を探知すると、自動的に除湿運転を行います。
air_a35_03.jpg
air_a35_02.jpg


[参考]
「内部クリーン」運転という名称以外にも、「ヒートアタック」、「カビバスター」など、製品により異なる名称の室内機内部を乾燥する機能があります。
併せて、以下を参照ください。
→「運転停止後に室内機内部を乾燥する機能の設定方法を教えてください。

操作方法など詳細については、 お使いの機種の取扱説明書をご覧ください。

カテゴリ別に探す

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。