ページの本文へ

Hitachi

クリーンや、定期クリーンのランプが点灯したり、点滅している場合は、該当する対処方法をご確認ください。
以下の画像は、RAS-X22Mでクリーンのランプが点灯しているときの例です。ランプの表示順や表示位置は、機種によって異なります。

air_post-62_005.png

目次


クリーンランプが点灯している場合

以下の場合にクリーンランプが点灯します。リモコンに「音声おしえて」ボタンがある機種は、このボタンを押すことでエアコンの運転状態を音声案内で確認できます。
air_post-62_002.jpg



クリーンランプが点滅している場合

以下の場合にクリーンランプが点滅します。すべてを確認しても改善しない場合は、お買い上げの販売店、または修理相談窓口に点検のご相談をしてください。

  • エアフィルターなどの部品が正しく取り付けられていない
    エアフィルター、ホコリキャッチャー、ワイパー、ワイパーカバーなどが正しく取り付けられていないと、クリーンランプが点滅します。各部品を取り付ける方法は、以下のお手入れのページをご覧ください。



    フィルターなどの取り外しや取り付けの際は、かならずコンセントを抜いた状態でおこなってください。
    取り付け直したあとで、電源プラグにコンセントを入れると、イニシャライズ(動作確認)運転が作動します。

  • フロントパネルが正しく閉じられていない
    フロントパネルが正しく閉じられていないと、クリーンランプが点滅します。
    フロントパネルの左右下部と真ん中下部をしっかりと押して、改善されるかご確認ください。
    フロントパネルを取り付ける方法は、以下のお手入れのページをご覧ください。

  • 運転中など、フィルター掃除ができないときに、手動でフィルター掃除をしようとした
    以下の場合は、手動でフィルター掃除ができません。
    • 冷蔵、暖房、自動などの運転中
    • クリーン運転終了後、5分以内

    運転を停止して、しばらく待ってから手動でフィルター掃除をしてください。



  • 定期クリーンランプが点灯している場合

    定期オートクリーンを搭載している機種は、設定中や運転中に定期クリーンランプが点灯します。
    定期オートクリーンの設定中は、定期クリーンランプのみ点灯しますが、運転中は、定期クリーンランプ、クリーンランプ、洗浄ランプなどが同時に点灯する場合があります。ランプが点灯する条件は機種によって異なるため、取扱説明書をご確認ください。


    定期クリーンランプが点滅している場合

    室外機に異常が発生している可能性があります。ご迷惑をおかけしますが、すぐに電源プラグを抜き、お買い上げの販売店、または修理相談窓口に点検のご相談をしてください。





修理する場合の目安はこちら

ご申告内容に対する故障時の修理対応目安を表示いたします。
お使いになっている製品の型式を入力ください。

ご利用型式
※半角英数字で入力してください(例:RASX80J2)

※ご利用型式が不明の場合はこちら
ご確認後、そのままWEBにて修理のお申し込みも可能です。

今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。