ページの本文へ

Hitachi

タイマーはエアコンの機種によって、「時刻で予約するタイプ」と「経過時間で予約するタイプ」の2種類があります。


  • 時刻で予約するタイプ
    「午前5:10」など時刻を設定して予約します。
    air_post-71_001.png


  • 経過時間で予約するタイプ
    「2時間後」など経過時間を設定して予約します。
    air_post-71_002.png

エアコンの機種によって、搭載しているタイマーの機能や設定方法が異なります。詳しくはお使いの機種の取扱説明書をご覧ください。また、ご購入前など最新の機能について比較したい場合は、カタログでもご紹介しています。


タイマーの種類


切/入タイマー

運転の停止または開始を設定します。

切タイマー
設定した時間に運転を停止します。

  • 時刻で予約するタイプの場合:
    指定した時刻(午後10時30分など)になると、運転を停止します。
    10分単位で設定できます。

  • 経過時間で予約するタイプの場合:
    設定した時間(2時間後など)を経過すると、運転を停止します。
    30分または1時間から9時間のあいだで、1時間単位で設定できます。

入タイマー
設定した時刻に運転を開始します。

  • 時刻で予約するタイプの場合:
    指定した時刻(午前6時30分など)になると、運転を開始します。
    10分単位で設定できます。

  • 経過時間で予約するタイプの場合:
    設定した時間(8時間後など)を経過すると、運転を開始します。
    30分または1時間から12時間のあいだで、1時間単位で設定できます。

「切タイマー」と「入タイマー」を同時に設定したい場合
時刻で予約するタイプのエアコンでは、「切タイマー」と「入タイマー」を組み合わせて同時に設定することができます。(切←→入プログラムタイマー)
air_post-71_003.png

例えば就寝時に切タイマーで停止したのち、起床時に入タイマーで運転を開始する、などの使いかたができます。
24時間以内で、10分単位の時刻設定が可能です。

*経過時間で予約するタイプのエアコンは、「切タイマー」と「入タイマー」を組み合わせて設定することはできません。(「切」「入」タイマーのどちらか一方のみセットすることが可能です。)

設定方法について詳しくは、お使いの機種の取扱説明書の「タイマー機能の設定」を確認ください。

時刻で予約するタイプの一部機種では、動画でも「切/入タイマー」の予約方法を紹介しています。以下はXシリーズRAS-Ⅹ40M2の動画の例です。


「おやすみ」タイマー

設定した時間、運転を行った後停止します。「おやすみ」運転中は室内の運転音が下がり、快適な睡眠を守ります。30分、または1時間から9時間を1時間単位で設定できます。


「みはっておやすみ」タイマー

設定したタイマー時間に停止したあとも、お部屋の温度・湿度の変化をみはって、自動で再運転・停止する機能のことです。
「みはっておやすみ」の運転内容や設定方法は以下をご覧ください。


毎日予約

一度セットすれば、毎日同じ時刻に自動的に運転のON/OFFを行います。


快眠終了時刻

「冷房」「除湿」「涼快」時に「快眠」をセットしておくと、設定した起床時刻に合わせて、温度と湿度を自動で調整します。 快眠終了時刻を設定すると、設定した時刻に、「快眠」を取り消します。



タイマー予約をしていないにもかかわらず、タイマーランプが点灯・点滅している場合は、本体に異常が発生していたり、フロントパネルが完全に閉まっていない可能性があります。詳しくは、以下のページをご確認ください。


カテゴリ別に探す

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。