ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品

機種によって、時刻(午前7:00など)でタイマー予約を行う機種と、時間(4時間後など)でタイマー予約を行う機種があります。
以下を参考に設定を行ってください。該当機種や詳しい設定方法については、お使いの機種の取扱説明書をご覧ください。


【時刻でタイマー予約を行う機種の場合】
[参考:RAS-X40H2の場合]
設定した時刻に運転を停止する「切タイマー」と、設定した時刻に運転を開始する「入タイマー」を組み合わせて予約できます。
また、毎日同じ時刻に切/入タイマーを予約する「毎日予約」も設定できます。

11-1.PNG

[時刻でタイマー予約を設定する]
必ずリモコンの時刻設定を行ってから、タイマー設定をしてください。

  1. 「切/入/快眠」ボタンを押す。
    押すごとに表示が切り替わります。前回予約した時刻が表示されます。

  2. 「進む」ボタン、「戻る」ボタンを押し、時刻を設定する。
    ボタンを押し続けると早送りします。10分単位で設定できます。
    設定例:「切りタイマー」は午前1:00に停止させる場合(左)、「入りタイマー」は午前5:00に運転を開始させる場合(右)

    11-4.PNG

  3. リモコンを室内機に向けて「設定」ボタンを押す。
    「ピッ」と音が鳴り、室内機の表示部にある「タイマー」ランプが点灯します。
    リモコン画面上の「切」または「入」、「時計マーク」が点滅から点灯へと変わり、「予約中」が点灯します。

    11-5.PNG

  4. 「毎日予約」を設定する場合は、切/入タイマー予約中に「設定」ボタンを押す。
    リモコンの画面上に「毎日」が表示されていれば設定完了です。
    11-6.PNG


[時刻のタイマー予約を解除する]

  1. リモコンを室内機に向けて「取消」ボタンを押す。

  2. 「ピピッ」と音が鳴り、「タイマー」ランプが消灯します。リモコンは現在時刻を表示します。



【時間でタイマー予約を行う機種の場合】
[参考:RAS-D40H2の場合]
設定した時間だけ運転したあと停止する「切タイマー」、設定した時間後に開始する「入タイマー」のいずれかを予約できます。「切タイマー」「入タイマー」を同時に設定することはできません。

[時間でタイマー予約を設定する]

  1. 切タイマーのときは「切タイマー」ボタンを、入タイマーのときは「入タイマー」ボタンを押し、希望のタイマー時間を表示させる。

  2. 「ピッ」と音が鳴り、室内機の「タイマー」ランプが点灯します。
    ボタンを押すごとに、切り替わります(押し続けると早送りになります)。
    「入タイマー」で予約したときは、前回の運転停止時の運転内容で運転を開始します。

    11-7.PNG

[時間のタイマー予約を解除する]

  1. 切タイマーのときは「切タイマー」ボタンを、入タイマーのときは「入タイマー」ボタンを押し、設定したタイマーの予約時間表示が消えるまで繰り返し押す。

  2. 「ピピッ」と音が鳴り、室内機の「タイマー」ランプが消灯します。

「使い方のポイント」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。上の画像をクリックして表示される下記の窓口へお問い合わせください。