ページの本文へ

Hitachi

サーモオフ機能が動作しているときは、室外機が止まってしまうことがあります。

説明

冷房運転中は、室内機で吸収した室内の熱を、室外へ放出するために、室外機のファンを回転しています。

air_post82_01.jpg
クリックで拡大


室内機は、部屋の温度が設定温度になると、それ以上冷やしすぎないように、一時的に熱の吸収を停止します。この機能をサーモオフと呼びます。
このとき、室外機への熱の放出も不要になるため、ファンの回転が停止し、再度室温が上がったときに、室内機と室外機の運転が再開されます。

このように、室温に応じて自動的に運転を制御するため、室外機が動いたり止まったりする場合がありますが、故障ではありませんのでご安心ください。
もし、室外機が止まったまま動かない場合は、室外機の故障の可能性があるため、お買い上げの販売店または修理相談窓口に点検のご相談をしてください。


カテゴリ別に探す

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。