ページの本文へ

Hitachi

水で洗えない衣類や帽子、バッグなどを消臭・除菌したい場合は「消臭除菌」/「除菌清潔」コースがおすすめです。

「消臭除菌」/「除菌清潔」コースは洗濯物に温風を吹きつけて消臭、除菌するため、水で洗えないものに利用できます。
温風を吹きつけるコースのため、洗い、すすぎは行いません。
また、薬剤などを使うことなく清潔に仕上げることができるため、赤ちゃんの衣類にもおすすめです。

※においの種類によっては、消臭できないものもあります。
※菌の種類によっては、除菌でいないものもあります。


目次



「消臭除菌」/「除菌清潔」コースの特長


「消臭除菌」コース

槽内温度を約75℃にし消臭、除菌するため、薬剤などを使うことなく清潔に仕上げることができます。
1回の運転での最大容量は1kgまで、運転時間は約35分です。


「除菌清潔」コース

槽内温度を約85℃にし、衣類に水道水のミストを吹き付けて湿気を加え、除菌します。
また、ニオイの気になるものの消臭や、槽全体を低速回転させるので型崩れの気になるものにもおすすめです。
1回の運転での最大容量は1kgまで、運転時間は約45分です。


「消臭除菌」/「除菌清潔」コースが使えるもの


  • ウール、アクリル製品(強撚糸以外)
    ※強撚糸とは、強く撚り(より)をかけた織物用の糸のこと。
  • スーツやスラックスなど
  • 帽子やかばん(皮革、毛皮製品以外)
  • ぬいぐるみ(詰め物にウレタンを使用していない製品)
  • 靴やスリッパ
  • クッション
    ※「除菌清潔」コースのみ対応
wash_a13_01_.png



「消臭除菌」/「除菌清潔」コースが使えないもの

種類によっては使用できないものがあります。商品の取り扱い表示に従ってください。

  • 皮革製品
  • ゴムやウレタンなどを使用した製品
  • ウレタン(スポンジ類)の入ったもの
  • 布団類などわたを使用した製品
  • ウールなどの獣毛およびその混紡製品
  • タイツ
  • レースや刺しゅうなど飾りや、付属品のある製品
  • 濃い色のプリントもの


接着剤を使用している製品は消臭除菌できません。接着剤が溶けてはがれてしまう恐れがあります。


操作手順


  1. 水栓(蛇口)を開ける
    水を使って冷却・除湿します。水栓(蛇口)が閉まっていると乾燥できないので必ず開けてください。

  2. 洗濯物を入れ、ドアを閉める

  3. 電源を入れる

  4. [乾燥]ボタンをタッチし、「消臭除菌」/「除菌清潔」コースを選ぶ

  5. スタートボタンを押し、運転を開始する


カテゴリ別に探す

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。

※6月25日21時~6月26日6時まで、メンテナンスによりWEB受付がご利用いただけません。ご不便をおかけいたしますが、メンテナンス時間帯以外のご利用をお願いいたします。