ページの本文へ

Hitachi

槽洗浄は、運転の中断とはじめからやり直すことができます。以下に中断とはじめからやり直す方法を記載します。

目次

槽洗浄を一時停止する方法


  1. 槽洗浄の運転中に[スタート/一時停止]ボタンを押して一時停止をする。

  2. 再開したい場合は、もう一度[スタート/一時停止]ボタンを押す。

槽洗浄を中断して洗濯運転をする方法

洗濯槽に残っている洗濯槽クリーナーや、汚れをいったん流してからおこなってください。

  1. 一時停止後に、電源の[切/入]ボタンを押して電源を一度切る。

  2. 再度電源を入れ、すすぎと脱水の個別運転をする。

  3. 洗濯槽に残っている洗濯槽クリーナーを洗い流す。
    以下の設定で、洗濯、すすぎ、脱水を個別に運転してください。
    1. 「洗濯」ボタンを押し、「標準」コースを選ぶ。
    2. 「水量」ボタンを押し、最高水位に設定する(タテ型のみ)。
    3. 「すすぎ」ボタンを押し、すすぎ2回を設定する。
    4. 「脱水」ボタンを押し、脱水1分を設定して運転する。
    5. [スタート/一時停止]ボタンを押し、運転を開始する。

個別に運転する方法は、以下のページを参考にしてください。


槽洗浄をはじめからやり直す方法


  1. 槽洗浄運転中に「スタート/一時停止」ボタンを押して一時停止する。

  2. 電源「切/入」ボタンを押して電源を一度切る。

  3. 再度[切/入]ボタンを押して電源を入れる。

  4. 洗濯槽クリーナーが排水されているかどうかを確認する。
    ドラム式の場合、洗濯槽に約3リットル以上の洗濯槽クリーナーが残っている状態で[スタート/一時停止]ボタンを押すと自動的に排水されます。その場合は、再度洗濯槽クリーナーを入れてください。

  5. 槽洗浄コースに設定し、3時間(または11時間)を選択する。
    機種によって、3時間コースと11時間コース以外にも、温水槽洗浄コース(約2時間、ドラム式のみ)があります。

  6. [スタート/一時停止]ボタンを押し、運転を開始する。
    槽洗浄の操作手順については、以下を参考にしてください。


今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。