ページの本文へ

Hitachi

洗濯槽をお手入れするときは、洗濯槽クリーナーなどを使い、「槽洗浄」コースを選択します。
「槽洗浄」コースは、洗濯槽に蓄積された洗剤・石けんのかすや、黒カビを洗い落とします。
定期的に「槽洗浄」コースでお手入れすることで、汚れやにおいの発生を抑制することができます。
1回の槽洗浄で汚れが落としきれなかった場合は、何度か槽洗浄を繰り返してください。

タテ型洗濯機の洗濯槽のお手入れ方法については、以下のページをご覧ください。


目次



「槽洗浄」コースの種類

「槽洗浄」のコースには、「3時間コース」、「11時間コース」、「温水槽洗浄コース」があります。

  • 3時間コース
    洗剤・石けんのかすの付着や、においの発生を抑制するために、洗濯物の量に関わらず、1~2か月に一度の運転をおすすめします。
    「自動おそうじ」を継続的に使用している場合は、3~4か月に一度程度の運転をおすすめします。

  • 11時間コース、温水槽洗浄コース
    においが気になるときや、黒カビなどが発生して洗濯槽の汚れをしっかりと落としたいときに使用します。
    短時間でお手入れしたい場合は、運転時間が2時間の「温水槽洗浄」コースがおすすめです。


洗濯槽クリーナーや漂白剤

使用できるもの

  • 洗濯槽用塩素系漂白剤
    例:洗濯槽クリーナー

  • 衣類用塩素系漂白剤
    例:ハイターなど

  • 防食剤配合塩素系漂白剤
    例:日立洗濯槽クリーナー

    ドラム式用(容量750ml)
    「SK-750」
    wash_a45_001.png

    「11時間コース」や「温水槽洗浄コース」でしっかり洗浄したいときは、洗濯機専用の洗濯槽クリーナー「防食剤配合塩素系漂白剤」(上記の日立洗濯槽クリーナーなど)を使用してください。

    日立洗濯槽クリーナー(別売り)は、お近くの日立のお店や家電量販店等でご購入(お取り寄せ)できます。

    *ドラム式用「SK-750」(容量750ml)と、タテ型/全自動用「SK-1500」および「SK-1」(それぞれ容量1,500ml)は、異なるのは容量のみで、成分に違いはありません。どの製品の場合でも、1回で使い切ってください。

使用できないもの


下記のものを使用すると、泡が多量に発生し、機器の故障や水漏れの原因になりますので使用しないでください。

  • 酸素系漂白剤
  • 台所用漂白剤

使用量

洗濯槽クリーナーや各種漂白剤に記載されている使用量に従って入れてください。
*日立洗濯槽クリーナーは1回で使いきってください。

使用量が表示されていない場合は、200mLを目安に入れてください。



お手入れの前に

  • 洗濯槽内に衣類が残っている場合は、必ず取り除いてください。
  • 換気を充分におこなってください。
  • 洗濯槽クリーナーや各種の漂白剤に記載の使用上の注意をよくご覧になり使用してください。



「槽洗浄」コースの使い方

「槽洗浄」コースの操作方法は機種によって異なります。詳しくはお使いのドラム式の洗濯機の取扱説明書をご覧ください。

以下に、ドラム式洗濯機(BD-NX120G)を例にご説明します。

  1. 水栓を開け、「入」ボタンを押し、電源を入れます。

  2. [洗濯]ボタンを押し、「槽洗浄」コースを選択します。
    一部の機種では、[清潔]ボタンを押して「槽洗浄」コースを選択します。
    4.png

  3. ドアを閉め、「スタート/一時停止」ボタンを押して、運転を開始します。
    このとき、洗濯槽クリーナーなどはまだ入れないでください。
    *ドラム内に水が3リットル以上入っている状態でスタートした場合は、排水したあとに運転が始まります。

  4. 給水がはじまったら、すぐに一時停止をします。
    運転が開始すると、約30秒~1分後に給水が始まります。給水が始まったらすぐに[スタート/一時停止]ボタンを押し、ドラム式洗濯機の動作をいったん停止させます。
    *このとき、ドアが開けられる水位以上に水がたまると、ドアがロックしてしまい、開けられなくなりますのでご注意ください。

  5. 洗濯槽クリーナーを入れます。
    ドアを開け、洗濯槽クリーナー(洗濯槽用塩素系漂白剤、衣類用塩素系漂白剤、防食剤配合塩素系漂白剤など)を、直接ドラムの中に入れます。
    wash_a45_002.png

  6. 「槽洗浄」コースの運転を再開します。
    ドアを閉め[スタート/一時停止]ボタンを押して、運転を再開します。

  7. 運転終了後、糸くずフィルターを掃除します。

一部の機種では、以下のページより動画でも操作方法をご確認いただけます。以下のページで型式を選び、「お手入れ」→「ドラム(槽洗浄)」または、「お手入れ」→「ドラム」から動画をご覧ください。



ドアパッキン付近のお手入れについて
ドアパッキンの裏側についた汚れなどは、槽洗浄をしてもすべて落とせない場合があります。そのままにしておくとカビの原因にもなりますので、ドアパッキン周辺や裏側、洗濯槽内部などに付着した糸くずなどは、毎回柔らかい布でふき取ってください。
それでもドアパッキンの汚れが落ちない場合は、酸素系衣類用漂白剤を水で薄め、柔らかい布にしみこませながらドアパッキンをふいてください。

汚れやカビが落ちず、ドアパッキンの交換が必要な場合は、お買い上げの販売店または修理相談窓口に点検をご相談ください。


黒カビの予防について
黒カビの予防については、以下のページをご覧ください。


カテゴリ別に探す

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。

※6月25日21時~6月26日6時まで、メンテナンスによりWEB受付がご利用いただけません。ご不便をおかけいたしますが、メンテナンス時間帯以外のご利用をお願いいたします。