ページの本文へ

Hitachi

洗濯槽の汚れやにおいが気になるときは、「槽洗浄」コースをお使いください。洗濯槽クリーナーなどを使い、洗濯槽に蓄積された石けんかすや黒カビを洗い落とします。

【「槽洗浄」コースの種類】
「槽洗浄」のコースには、「3時間コース」、「11時間コース」、「温水槽洗浄コース(ドラム式のみ搭載)」があります。

  • 3時間コース
    日常的なお手入れ、においの抑制にお使いください。
    石けんかすの付着や、においの発生を抑制するために、1~2ヶ月に一度お手入れすることをおすすめします。
    「自動おそうじ」を継続使用している場合は、3~4ヵ月に一度程度のお手入れをおすすめします。

  • 11時間コース、温水槽洗浄コース
    においが気になるときや、黒カビなどが発生したときに使用します。
    短時間でお手入れしたい場合は、運転時間が2時間の「温水槽洗浄コース」がおすすめです。


【洗濯槽クリーナーや漂白剤】

[使用できるもの]

  • 洗濯槽用塩素系漂白剤(洗濯槽クリーナー)
  • 衣類用塩素系漂白剤(ハイターなど)
  • 防食剤配合塩素系漂白剤(例:日立洗濯槽クリーナー「SK-1」)

「11時間コース」や「温水槽洗浄コース」でしっかり洗浄したいときは、洗濯機専用の洗濯槽クリーナー「防食剤配合塩素系漂白剤」を使用してください。
別売りの日立洗濯槽クリーナー「SK-1」はお近くの日立のお店や家電量販店等でご購入(お取り寄せ)できます。

[使用できないもの]

  • 酸素系漂白剤
  • 台所用漂白剤

上記のものを使用すると、泡が多量に発生し、機器の故障や水漏れの原因になりますので使用しないでください。


[使用量]
洗濯槽クリーナーや各種漂白剤に記載の使用量をご覧になり使用してください。
使用量が表示されていない場合は、ドラム式で200mL、タテ型で500mLを使用してください。



【お手入れの前に】

  • 洗濯槽内に衣類が残っている場合は、必ず取り除いてください。
  • 換気を充分におこなってください。
  • 洗濯槽クリーナーや各種の漂白剤に記載の使用上の注意をよくご覧になり使用してください。



【槽洗浄コースの使い方】
槽洗浄コースの操作方法は機種によって異なります。詳しくはお使いの機種の取扱説明書をご覧ください。
一部の機種については、以下のページより動画で操作方法をご確認いただけます。
→「使いかた動画:ドラム式洗濯乾燥機
→「使いかた動画:タテ型洗濯乾燥機/全自動洗濯機


[参考:BD-NV110B(ドラム式)の場合]
※洗濯槽クリーナーなどを先に入れないでください。
ドラム内に水が3L以上入っている状態でスタートすると、排水したあとに運転が始まります。

  1. 水栓を開け、「入」ボタンを押し、電源を入れます。
  2. 「清潔」ボタンを押し、「槽洗浄(11時間)」または「槽洗浄(3時間)」コースを選びます。
    4.png

  3. ドアを閉め、「スタート/一時停止」ボタンを押します。
  4. 給水し、ドラムが回転し始めたら、すぐに、再度「スタート/一時停止」ボタンを押して一時停止します。
  5. ドアを開け、日立洗濯槽クリーナー、衣類用塩素系漂白剤または洗濯槽用塩素系漂白剤を直接ドラムの中に入れます。
  6. ドアを閉めて、「スタート/一時停止」ボタンを押します。
  7. 運転終了後、糸くずフィルターを掃除する。


今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。