ページの本文へ

Hitachi

「洗乾」コースは、洗濯(洗い、すすぎ、脱水)から、乾燥運転までを自動で行います。
「洗乾」コースの操作手順は、以下を参考にしてください。
詳しくは、お使いの機種の取扱説明書をご覧ください。


【「洗乾」コースの操作手順】
[参考:BW-DV100Bの場合(操作パネルは製品によって異なりますが、使い方は同じです。)]
②10-1.PNG
クリックして拡大


[準備]水栓を開け、洗濯物を入れます。
※BW-DV100Bの場合、洗濯から乾燥まで運転できるの洗濯物の容量は、乾いた衣類で5.5kgまでです。
機種により洗濯から乾燥まで運転できるの容量は異なるため、詳しくはお使いの機種の取扱説明書をご覧ください。

  1. 「切/入」ボタンを押し、電源を入れる。
  2. ②10-2.PNGボタン押し、コースを選ぶ。
    ※乾燥時間は自動、90、60、30分を選択できます。
    ※乾燥自動運転の場合は、乾き具合を見ながら運転を行います。最長で6時間かかることもあります。
  3. 「スタート/一時停止」ボタンを押し、運転をスタートする。
  4. 洗剤量(目安)にしたがって、洗剤、漂白剤、柔軟剤を入れて内ふた、ふたを閉めます。
    ※ 洗剤量の目安については、以下を参考にしてください。
    →「洗剤・柔軟剤の使用量の目安を教えてください。
  5. 運転終了後、洗濯物を取り出し、糸くずフィルター、乾燥フィルターのお手入れをする。
    →「糸くずフィルターのお手入れはどうしたら良いですか?(タテ型)」 →「乾燥フィルターのお手入れはどうしたら良いですか?

今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

「使い方のポイント」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。