ページの本文へ

Hitachi

ドラム式洗濯機は、衣類を下から上にかき上げながら洗う構造のため、小さな洗濯物が手前側(ドアの付近)へきたときに、ゴムパッキン部分に挟まってしまうことがあります。
wash_a164_001.png


ドラムを回転させ、衣類を持ち上げて押し洗い、たたき洗い、もみ洗いをしているためです。
wash_a164_002.jpg

靴下やハンカチなど小さな洗濯物がなるべく挟まらないようにするには、以下をお試しください。



小さな衣類は、ドラムの奥側に入れる

ほかの洗濯物より先にいれ、なるべく奥側に入れて手前側にならないようにしてください。
wash_a164_003.png



洗濯ネット(一辺40cm以下)に入れる

洗濯ネットに入れることで、ある程度の大きさにまとまり、挟まることを防ぐことができます。
※ 片寄りの原因になる為、一辺が40cm以上の洗濯ネットは使用しないでください。
wash_a164_004.png

wash_a164_005.png



「お洗濯キャップ」(別売り)を使う

別売りの「お洗濯キャップ」を使うことで、洗濯物の挟まりを大幅に軽減することができます。
取り付けかたについては、以下のページまたは動画を参考にしてください。



お使いの機種に対応しているお洗濯キャップが不明な場合は、洗濯機を購入した販売店か、お近くの量販店にご相談ください。


上記をすべて確認しても改善されない場合

ドアあるいはゴムパッキン部分に問題が生じている可能性があるため、お買い上げの販売店または修理相談窓口に点検をご相談ください。


カテゴリ別に探す

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。

※6月25日21時~6月26日6時まで、メンテナンスによりWEB受付がご利用いただけません。ご不便をおかけいたしますが、メンテナンス時間帯以外のご利用をお願いいたします。