ページの本文へ

Hitachi

自動投入部の液体洗剤・柔軟剤タンクやタンク取付部周辺に液体洗剤の残りや汚れが癒着していると、液体洗剤・柔軟剤経路の詰まりの原因になったり、カビが発生することがあります。
2~3か月に一度を目安にお手入れしてください。
wash_a186_01.png

また、以下の場合もお手入れが必要です。

  • 使用する液体洗剤や柔軟剤の種類を変えるとき
  • 自動投入機能を1か月以上使わなかったとき
    自動投入機能を長期間使用しない場合は、早めにお手入れすることをおすすめします。
  • 「残量少」表示が点滅したまま、1週間以上自動投入タンクに補充しなかったとき
  • タンク取付部に汚れが残っているとき
  • 透明蓋を開けたまま放置した時や残量が少ないまま放置したとき
  • 自動投入タンク内の液体洗剤や柔軟剤がゼリー状になったとき

目次

ここでは、タテ型洗濯乾燥機BW-DKX120Fを例に紹介しています。タンクの形状など機種によって異なりますので、詳しくは取扱説明書をご覧ください。

お手入れ方法は、動画でも紹介しています。


タンク(液体洗剤/柔軟剤)のお手入れ方法

タンクは分解してお手入れができます。タンクの部品にはふた、透明ふた、フロートピースがあります。
以下の手順に沿ってお手入れをしてください。
wash_a186_02.jpg



1.自動投入部のふたを開け、タンク(洗剤/柔軟剤)を取り出す

タンクを傾けると洗剤や柔軟剤がこぼれることがあるので、取っ手を持ってまっすぐ上に引き上げてください。
wash_a186_03.png



2.ふたのお手入れをする


  1. 透明ふたを取り外す
    透明ふたを開け、下方に押しながら凹部から突起部を取り外してください。
    wash_a186_04.png


  2. タンクふたを取り外す
    ツマミを開いてつめから外し、タンクふたを取り外してください。
    wash_a186_05.png


  3. 透明ふたとタンクふたの汚れを水で洗い落とす
    タンクふたのパッキンに付着した液体洗剤や柔軟剤、ほこりは、湿った布でふき取ってください。
    汚れがひどいときは、歯ブラシを使ったり、お湯(約40℃)に約10分間浸した後、湿った布でふき取ってください。
    wash_a186_06.png

    ※タンクふたのパッキンを無理に引っ張らないでください。変形や亀裂、傷がついたり、パッキンが外れたりして液体洗剤や柔軟剤が液漏れする原因になります。

3. タンク内のお手入れをする


  1. タンク内のフロートピースを持って凹部から取り外す
    wash_a186_07.png


  2. タンクの内側とフロートピースの汚れを水で洗い落とす
    タンクに残っている液体洗剤や柔軟剤は水で流してください。
    タンクの内側は泡立ちやぬめりがなくなるまですすいでください。
    汚れがひどいときは、歯ブラシを使ったり、お湯(約40℃)に約10分間浸した後、湿った布でふき取ってください。
    wash_a186_08.png


  3. タンク外側の水気をふき取る

  4. フロートピース、タンクふた、透明ふたを取り付ける
    タンク内にフロートピースを取り付けてください。
    タンクふたと透明ふたは「カチッ」と音がするまで押して、取り付けてください。

  5. タンク取付部のお手入れをする
    タンク取付部周辺を湿った布でふき取ってください。
    お手入れ後、タンク取付部底面に水やほこりが残っていないことを確認してください。
    wash_a186_09.png

    ※使用する液体洗剤や柔軟剤の種類によっては、タンク取付部底面のパッキンに色が移る場合がありますが、パッキンを歯ブラシなどで強くこすらないようにしてください。
    パッキンが傷み、液体洗剤や柔軟剤が液漏れする原因になります。

以上でタンクのお手入れは完了です。
タンクのお手入れのあと、液体洗剤/柔軟剤経路のお手入れをしてください。


液体洗剤/柔軟剤経路のお手入れ方法

※液体洗剤経路と柔軟剤経路を同時にお手入れすることはできません。

  1. お手入れをしたタンク内にお湯(約40℃)を入れる
    タンクの「これ以下」の位置までお湯を入れ、透明ふたを閉めてください。
    wash_a186_10.png


  2. タンクを洗濯機に取り付け、ふたを閉める

  3. 水栓(蛇口)を開け、電源を入れる

  4. 「洗い」ボタンを3秒以上タッチし、残時間表示部に数字を表示させる
    wash_a186_11.png


  5. お手入れの時間を設定する
    液体洗剤経路をお手入れする場合:「洗剤」ボタンをタッチする
    柔軟剤経路をお手入れする場合:「柔軟剤」ボタンをタッチする
    ボタンをタッチするごとに表示が切り替わります。

    自動投入を継続して使用している場合は4分に設定します。
    自動投入を継続して使用していない場合は9時間に設定します。
    wash_a186_12.png


  6. 「スタート/一時停止」を押し、運転を開始する

運転が終了すると、終了音が鳴り自動的に電源が切れます。
運転が終わった後、タンクに残った残水を捨てタンク内やタンク取付部周辺の水気を柔らかい布でふき取ってください。


カテゴリ別に探す

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。