ページの本文へ

Hitachi

運転中は、ドア(ふた)が自動的にロックされ、運転が終了するまで開けられません。
以前は運転中にふたを開けられる機種が発売されていましたが、事故、けが、やけどなどを避け、より安全性を高めるために、現在発売中の機種はかならずロックするように設計されています。

運転中にドア(ふた)が自動的にロックされるドアロックと、子どもが誤って操作しないようにするチャイルドロックは、機能や設定方法が異なります。
ドアの開閉方法、ドアロックされたときの解除方法、チャイルドロックの設定と解除方法について以下に説明します。


目次

このページの画像は、BD-NX120Bで説明しています。



ドアの開閉方法

このページの画像は、ドラム式洗濯乾燥機 BD-NX120Bを例にしています。

  1. ドアを開ける
    ドアハンドルを引き、ドアを手前に開けてください。
    ドアの周囲はドアパッキンで気密を確保しているため、ドアが本体にはり付いて開きにくい場合があります。

    例)左開きタイプの場合
    k3wash13-1.JPG


  2. ドアを閉める
    ドアの中央右側(右開きタイプは中央左側)を押し、しっかりと閉めてください。外気温や設置場所などによっては、ドアが閉まりにくくなる場合があります。

    例)左開きタイプの場合
    k3wash13-2.JPG


かならず、ドアがしっかりと閉まったことを確認してから、[スタート/一時停止]ボタンを押してください。



ドアロックの解除方法

運転中にドアロックを解除するときは、[スタート/一時停止]ボタンを押し、一時停止をしてからドア(ふた)を開けてください。
運転中以外でロックされている場合は、k3wash13-3.PNGや[ドアロック]ボタンのランプが点灯します。
解除方法については、以下のページをご確認ください。




  • 乾燥運転中に洗濯槽内が高温になると、「高温」ランプが点灯または点滅します。やけど防止のため、このランプが消えるまでの間は、ドア(ふた)がロックされ、開けられません。
    ただし、乾燥開始直後などで、高温になっていない場合は、「一時停止」ボタンを押すことで、すぐにドア(ふた)を開けられます。

  • 高温の場合は、送風運転が始まり、洗濯槽内を冷却します。一定の温度まで下がると「高温」ランプが消灯し、ドア(ふた)のロックが解除されます。温度が下がるまでの時間は、およそ20分程度かかります。


チャイルドロックの設定と解除方法

チャイルドロックとは、ドアロックの一つの機能で、子どもが勝手にドアを開けたり、ドラム内に閉じ込められないようにするため、電源を切った状態や、運転前、運転中に強制的にドアをロックし、開けられないようにするための設定です。

チャイルドロックの設定方法

以下の手順で設定してください。詳しくはお使いの機種の取扱説明書をご確認ください。

  1. [切/入]ボタンを押して、電源を入れる
  2. [ドアロック]ボタンを「ピー」とブザーが鳴るまで3秒以上押す
  3. k3wash13-3.PNGと[ドアロック]ボタンのランプが点灯する

チャイルドロックの解除方法

チャイルドロックの設定中は、運転が終了してもドアが開けられません。設定方法の手順と同じ操作をおこない、[ドアロック]ボタンのランプが消えたら解除されます。




チャイルドロックの設定と解除方法は、使いかた動画でも紹介しています。 以下のページよりご確認ください。


ドアが閉まらなくなってしまった場合は、以下のページをご確認ください。


カテゴリ別に探す

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。