ページの本文へ

Hitachi

自動フィルターお手入れ機構が搭載されている機種(例:CV-SW7000、SU7000など)は、起動時(コンセントに差し込んだとき)と終了時(運転を止めたとき)に「カタカタ」という音が出ます。

これは、除じん専用モーターにより、「フィルターカバー(ビートパネル)」が、クリーンフィルターを強く振動させ、自動的に付着したごみや汚れを落とすときに出る音のため、故障ではありませんのでご安心ください。

CV-SW700のフィルターカバー(ビートパネル)の位置は、以下の画像を参考にしてください。
clean_a47_001.jpg



  • 自動フィルターお手入れ機構の設定を「入」にすることで、クリーンフィルターの目詰まりが抑えられ、吸引力が持続します。

  • 自動フィルターお手入れ機構は、購入時は「入」に設定されていますが、「切」にしたい場合は、本体の運転が止まった状態で「切」スイッチを5秒以上押してください。また、「入」に戻したい場合は、もう一度切」スイッチを5秒以上押してください。詳しい操作方法は、お使いの機種の取扱説明書をご確認ください。

  • 自動フィルターお手入れ機構を「切」にした場合は、こまめに手動で除じんするか、クリーンフィルターのお手入れをしてください。

  • 自動フィルターお手入れ機構が搭載されていない機種や、サイクロン式クリーナーを運転中に異音がする場合は、以下のページをご確認ください。


カテゴリ別に探す

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。