ページの本文へ

Hitachi

自動フィルターお手入れ機構搭載機種(CV-SW7000、SU7000)の場合、除じん専用モーターにより、「フィルターカバー(ビートパネ ル)」がクリーンフィルターを強力に振動させ、付着したごみを落とします。クリーンフィルターの目詰まりが抑えられるので、吸引力が持続します。
作動中は、カタカタ音がしますが異常ではありません。

音が気になる場合は、自動フィルターお手入れ機構を「切」にすることもできます。
本体の運転が止まった状態で「切」スイッチを長押し(5秒以上)してください。

*
自動フィルターお手入れ機構を「切」設定にすると、クリーンフィルターが目詰まりしやすくなります。お好みで除じんするか、こまめにクリーンフィルターのお手入れをしてください。

今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

「故障かな?」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。