ページの本文へ

Hitachi

洗濯槽の状況から振動による故障を未然に防いだり、衣類についた洗剤などをきれいに洗い流す必要があると自動的に判断したときは、運転の途中でも追加で給水する場合があります。
そのタイミングや理由は、洗い・すすぎ・脱水などの行程によって異なります。


脱水中に給水され、すすぎに戻ってしまう

脱水中に洗濯物がかたよってバランスが悪くなったときに、振動が大きくならないよう給水し、衣類を動かしながらかたよりをなおすことがあります。
すすぎが繰り返されて脱水されない場合は、以下のページをご確認ください。


洗い・すすぎ中に給水されてしまう

洗剤を入れ過ぎると、泡センサーが検知されるほど泡が多量に発生すると、自動的に排水・給水しながら泡を流すことがあります。
洗剤は、洗濯物の量と容器の目安を参考に入れてください。詳しくは、以下のページを参考にしてください。


洗っている途中で給水されてしまう

洗濯運転中は衣類に水が吸収されるため、その分だけ洗濯槽内の水位が下がります。
特に、ウールなどの吸収しやすい繊維の場合は、水位が下がりやすく、規定の水量よりも下回ったときに自動的に給水されます。
洗濯物の量が多い場合は、何回も給水される場合があります。



予約運転を設定した直後に給水される場合は、以下のページをご確認ください。


今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。