ページの本文へ

Hitachi

脱水時に「C04」が表示されるときは、洗濯物が洗濯槽内で片寄っている可能性が高いです。
洗濯物が片寄っていると、洗濯物自体を傷めたり、洗濯機本体の故障の原因になるため、内部のセンサーが感知し、何度か片寄りを直すよう試みますが、それでも片寄りが直らない場合、保護機能が作動して一時停止するように設計されています。
もし、一時停止した場合は、以下の内容を確認し、再度脱水運転をやり直すか、ほぼ脱水ができている場合は、洗濯物を取り出してください。

すべての項目を確認しても改善しない場合は、本体に問題が発生している可能性があります。恐れ入りますが、お買い上げの販売店または修理相談窓口に点検をご相談ください。


脱水時の異常振動によるけがや、本体の故障などを防ぐため、以下のページに記載されている物は、洗濯や脱水をしないでください。


目次


洗濯物が片寄っていないか確認します

以下の手順で、洗濯物が片寄らないように入れ直してください。

  1. 洗濯物を取り出します。
    [スタート/一時停止]ボタンを押して、水が抜けていることを確認してから、ふた(ドア)のロックを解除し、脱水中の洗濯物を取り出します。

  2. 洗濯物を入れ直します。
    • タオルケットや洗濯ネットに入れた洗濯物は、水を含んで重くなり、ひとつだけで洗うと片寄りが起こりやすくなるため、乾いたバスタオルなどを、1、2枚加えてください。
      wash_a62_01.JPG
    • ジーンズも一着だけで洗った場合は片寄りやすくなりますが、色移りしやすいので、同色の物を1、2枚加えてください。
    • 綿など水を含んで重くなりやすい洗濯物が1ヵ所に固まっている場合は、均一に見えてもバランスが悪くなります。洗濯物を広げてから入れ直してください。
    • 洗濯ネットを使っている場合は、衣類を詰めすぎないようにしてください。また、一辺が40cm以上の大きな洗濯ネットは、異常振動や洗濯物の片寄りの原因になる可能性があるため、小さい洗濯ネットをお使いください。
    • ドラム、または洗濯・脱水槽内の外側に洗濯物を均一に入れ直してください。タテ型をお使いの場合は、洗濯物をドーナツ状に入れ直してください。
      洗濯機_a62_04.png

  3. 脱水運転を再開します。
    洗濯物を入れ直したら、ふた(ドア)をしっかりとロックし、[スタート/一時停止]ボタンを押して脱水を再開してください。
    もし、洗濯機の電源を切ってしまったり、運転を停止してしまった場合は、脱水のみ個別にやり直してください。詳しくは、以下のページをご覧ください。


洗濯機が水平に設置されているか確認します

洗濯機が水平に設置されていないと、片寄りが起こりやすくなってしまいます。
水平に設置されているか確認するには、本体内蔵あるいは付属品の水準器を使います。
水準器は、円の中にある気泡が中心に近くなるほど、その傾きも少なくなり、床面から水平に設置することができます。
水準器

気泡が円内に入っていない、水平に設置されていない場合は、調節脚(向かって右前脚)あるいは付属品の脚キャップで高さを調整し、水準器の気泡を中心に近づけてください。
水準器が本体内蔵か、付属品かどうかは、お使いの機種の据付説明書をご覧ください。


スムーズモードに設定します。(ドラム式)

脱水運転をスムーズモードに設定すると、洗濯物の片寄りによる中断を少なくすることができます。
「スムーズモード」は、運転の中断を少なくすることができますが、振動や音が大きくなる場合があります。
以下の手順は、BD-SV110BLを例にして説明しています。「スムーズモード」が搭載されている機種と設定方法は、機種によって異なります。詳しくは、お使いの機種の取扱説明書をご覧ください。

参考:BD-SV110BLの場合

  1. [入]ボタンを押し、電源を入れます。

  2. [洗い]ボタンを3秒以上押します。
    「ピー」と受付音が鳴り、3秒以上押し続けると、残時間表示部に数字が表示されます。

  3. [脱水]ボタンを押し、スムーズモードに設定します。
    ボタンを押すごとに表示が切り替わるため、「02」のスムーズモードに設定してください。
    「01」 標準モード:工場出荷時
    「02」 スムーズモード:脱水の立ち上がりをスムーズにします。
    「00」 低振動モード:脱水時の振動や音を抑えますが、その分運転時間が長くなります。

  4. [スタート/一時停止]ボタンを押します。
    [スタート/一時停止]ボタンを押すと、設定が保存されます。

  5. 「切」ボタンを押し、電源を切ります。
    設定した内容は、電源を切っても記録されています。設定を変更する場合は、再度1.から同じ操作をしてください。


スムーズモードに設定したことで、振動が大きくなり、音が気になる場合は、脱水運転中に一時停止し、標準モードなどに戻してください。




修理する場合の目安はこちら

ご申告内容に対する故障時の修理対応目安を表示いたします。
お使いになっている製品の型式を入力ください。

ご利用型式
※半角英数字で入力してください(例:BWDV80C)

※ご利用型式が不明の場合はこちら
ご確認後、そのままWEBにて修理のお申し込みも可能です。

今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。