ページの本文へ

Hitachi

お湯取運転の機能は、風呂水を吸水する際に一定量の水(呼び水)が必要なため、お湯取運転時にも水道水が使われます。
そのため、お湯取運転の機能を利用しても断水時に洗濯できません。

ただし、タテ型のみ個別運転を活用することで、風呂水での洗濯と脱水ができます(すすぎはできません)。
詳しくは、以下の手順をご覧ください。


参考手順


  1. 電源を入れ、標準コースを設定します。

  2. 水量と洗い時間を設定します。
    「水量」、「洗い」ボタンを何回か押して好みの水量と洗い時間を設定します。
    ※ 機種により、25L以上の水を入れないと再スタート時に排水される機種もありますのでご注意ください。

  3. スタートボタンを押し、その後すぐに一時停止します。

  4. お風呂の残り湯をバケツなどですくい、洗濯槽の中へ入れます。

  5. 設定した分の水を入れたら、スタートボタンを押して再スタートします。

ここまでの操作で、風呂水を利用し洗濯まで完了します。
続けて脱水のみを行うには、以下のページをご覧ください。


今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。