ページの本文へ

Hitachi

自動投入部(液体洗剤タンク・柔軟剤タンク)に入れる洗剤または柔軟剤を、誤って手動投入部に大量に投入してしまった場合、そのまま洗濯運転を開始すると大量の泡が発生し、洗濯ができなくなってしまいます。

間違って入れてしまった洗剤や柔軟剤は経路に入ってしまうため、以下の手順で洗い流してからご使用ください。


目次



ドラム式の場合


  1. 水栓(蛇口)を開け、電源を入れる

  2. [槽洗浄(11時間)]を選び、スタートボタンを押す
    給水が始まります。

  3. 給水完了後、ドラムが回転し始めたら電源ボタンを押して電源を切る

  4. 再度電源を入れ、脱水のみ「4分」に設定し、スタートボタンを押す

  5. 脱水が終了したら1~4を繰り返す
    洗剤の場合 : 6回繰り返し
    柔軟剤の場合 : 3回繰り返し

  6. 自動おそうじを「あり」に設定する
    自動おそうじは工場出荷時「なし」に設定されています。設定方法は機種によって異なりますので取扱説明書をご覧ください。

  7. すすぎ「1回」・脱水「4分」に設定し、スタートボタンを押す


タテ型の場合


  1. 水栓(蛇口)を開け、電源を入れる

  2. 水量を最低水位に設定する
    機種により最低水位は異なりますので取扱説明書をご確認ください。

  3. [洗い]ボタンを数回押し、洗い・すすぎ・脱水の表示をすべて消す

  4. スタートボタンを押す
    給水後、水が溜まると自動的に電源が切れます。

  5. 再度電源を入れ、脱水のみ「3分」に設定し、スタートボタンを押す

  6. 脱水が終了したら1~3を繰り返す
    洗剤の場合 : 6回繰り返し
    柔軟剤の場合 : 3回繰り返し

  7. 自動おそうじを「あり」に設定する
    自動おそうじは工場出荷時「なし」に設定されています。設定方法は機種によって異なりますので取扱説明書をご覧ください。

  8. 水量「最高水位」、すすぎ「1回」、脱水「3分」に設定し、スタートボタンを押す
    機種により最高水位は異なりますので取扱説明書をご確認ください。

「脱水のみ」や「すすぎと脱水のみ」などの運転方法は、以下を参考にしてください。


自動おそうじについて、詳しくは以下をご覧ください。


今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。