ページの本文へ

Hitachi

脱水運転終了後の洗濯物に、のり付けするときは以下の手順で行ってください。


使用できる洗濯のり

化学合成のり(酢酸ビニール系、PVAc)と表記されているものに限ります。


  • 上記以外の洗濯のりは故障の原因になります。使用前に成分表示をご確認ください。
  • PVA(ポリビニルアルコール)と記載されている洗濯のりは使用しないでください。十分なのり付けができない場合や、本体の故障の原因になるおそれがあります。


事前確認

液体洗剤・柔軟剤の自動投入が設定されている場合は、自動投入の設定を解除してください。


運転手順

例としてBD-NX120Fの手順を紹介します。
機種によって手順が異なるので、詳しくは取扱説明書をご覧ください。

[手順の流れ]

  1. ドラム内の水を排水する
  2. 洗濯物にのり付けをする
  3. ドラムに付いたのりを洗い流す


のり付けした洗濯物は乾燥運転をしないでください。
のり付けするときは「温水ミスト」や「温め自動」を設定しないでください。


1.ドラム内の水を排水する

  1. 電源を入れ、脱水「1分」を設定して運転する
    洗濯のりを入れる前にドラム内の水を排水します。
    脱水終了後は電源が切れます。

2.洗濯物にのり付けをする

  1. 再度電源を入れ、1L程度の水で薄めた洗濯のりをドラムに直接入れる
    洗濯のりに表示されている分量を目安にしてください。ドラム式は水の使用量が少ないため、若干硬めに仕上がる場合があります。気になる場合は少なめに入れてください。

  2. のり付けする洗濯物を入れ、ドアを閉める
    のり付けできる洗濯物は1.5kg以下です。

  3. [洗濯]をタッチし、標準コースを選び、洗い「6分」、脱水「1分」を設定する
    [洗い]、[脱水]をタッチして、それぞれ設定します。

  4. [スタート/一時停止]を押し、運転を開始する

  5. 運転が終了したら、洗濯物を取り出し、ドアを閉める

3.ドラムに付いたのりを洗い流す

  1. 自動おそうじを設定する
    [設定方法]
    1. 電源を入れ、[AI]を3秒以上タッチする
      「ピッ」という音がして操作パネルの「自動おそうじ」が点灯したことを確認します。
    2. 電源を切る

  2. 電源を入れ、[洗濯]をタッチし、標準コースを選ぶ

  3. 洗い「25分」、すすぎ「3回」、脱水「4分」を設定する
    [洗い]、[すすぎ]、[脱水]をタッチして、それぞれ設定します。
    ※洗剤、洗濯物は入れないでください。

  4. [スタート/一時停止]を押し、運転を開始する



タテ型でのり付けする場合は以下をご覧ください。


今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。