ページの本文へ

Hitachi

「花粉」コースとは、花粉のついた衣類に風をあてることで、洗わずに花粉を落とすコースです。
運転時間は機種により異なりますが、約10分~15分です。
帰宅後や外干し後など、衣類に付いた花粉が気になるときにおすすめです。


  • 水洗いできない衣類なども利用できますが、洗濯槽内の温度が約50℃になるため、熱に弱い素材や接着剤を使用しているものは利用できません。
  • 「花粉」コースは、他の運転コースと組み合わせて利用できません。

「花粉」コースのしくみ

  1. 洗濯槽内で衣類に風をあて、花粉を落とします。
  2. 衣類から落とされた花粉は、風によって洗濯槽から排水経路に送り込まれ、排水と一緒に流されます。

*風で花粉を落とすコースのため、洗い、すすぎは行いません。


衣類に付着させた花粉の減少率測定

*機種により減少率は異なります
BD-STX110Gの場合:花粉減少率99%
試験依頼先:一般財団法人 北里環境科学センター
報告書No.:北生発2021_0161号

運転前後の花粉の付着状況比較(倍率100倍)
wash_a181_02.jpg



対象機種

タテ型洗濯機の一部の機種には、スマートフォンの「洗濯コンシェルジュ」アプリから「花粉」コースがダウンロードできます。
詳しくは、以下のページをご確認ください。


「花粉」コースが搭載されているか、スマートフォンアプリからダウンロードできる機種かどうかは、お使いの機種の取扱説明書でご確認ください。


操作手順

ここでは、例としてBD-NX120Fでの操作手順をご案内します。
操作手順やボタン名称は機種によって異なりますので、詳しくはお使いの機種の取扱説明書をご覧ください。

  1. 水栓(蛇口)を開ける
    花粉を排水と一緒に流すため、水栓(蛇口)を必ず開けてください。
  2. 洗濯物を入れ、ドアを閉める
  3. 電源を入れる
  4. [乾燥]をタッチし、「花粉」コースを選ぶ
  5. スタートボタンを押し、運転を開始する
  6. 運転終了後、洗濯物を取り出す
  7. 乾燥フィルターをお手入れする


カテゴリ別に探す

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。

※6月25日21時~6月26日6時まで、メンテナンスによりWEB受付がご利用いただけません。ご不便をおかけいたしますが、メンテナンス時間帯以外のご利用をお願いいたします。