ページの本文へ

Hitachi

以下を参考に、パックフィルター(紙パック)の取り付けを行ってください。
パックフィルターの取り付け方は機種によって異なりますので、詳しくは、お使いの機種の取扱説明書をご覧ください。

なお、パックフィルターの取り外し、ごみの捨て方については、以下をご確認ください。
→「パックフィルター(紙パック)の取り外しや、ごみ捨ての方法を教えてください。


[参考:CV-PF900の場合]

※シールふた付きパックフィルターで説明しています。
シールふたのないパックフィルターをご使用の場合は、2~4、6を行ってください。

  1. パックフィルターを取り付ける前に、シールふたを折り返す(シールふた付きのみ)
    s1clean18-1.PNG

    ※パックフィルターを取り付ける前に、はく離紙をはがさないでください。
    ごみ捨て時にシールが使用できなくなる可能性があります。

  2. ボール紙の切り欠きを上にして、ガイドの挿入溝にボール紙を合わせる
    パックフィルターは折りたたんだままの状態で取り付けます。
    s1clean18-2.PNG

  3. ボール紙をガイドの挿入溝にそって奥まで押し込みます。
    s1clean18-3.PNG

    ※シールふたでパックフィルターの吸込口をふさがないでください。モーターの故障、過熱、発煙、発火の恐れがあります。

  4. ボール紙の上部を、両手でフックのつめの内側まで押し込む
    s1clean18-4.PNG

  5. シールふたを中に入れ、シールふたの引っ掛け穴を、フックの突起に引っ掛ける(シールふた付きのみ)
    s1clean18-5.PNG

  6. 上ふたを閉める
    s1clean18-6.PNG

今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

「使い方のポイント」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。