ページの本文へ

Hitachi

表示部に「C〇〇」が表示された場合には、製品の故障だけでなく、お客様の使いかたや、処置によって解決できるものもあります。以下の表を参考にご確認ください。
表示されるエラー表示や対処方法は機種によって異なりますので、詳しくはお使いの機種の取扱説明書をご覧ください。

お知らせ表示お知らせ内容確認内容・対処方法
C00 重量センサーの0点調節の方法が間違っています。 テーブルプレートだけを載せてドアを閉めて、[とりけし]または[再開]ボタンを押します。
※数秒後、重量センサーの0点調節が完了します。
C01 重量センサーの調節中にドアを開けました。 ドアを閉めて、[とりけし]または[再開]ボタンを押します。
※数秒後、重量センサーの0点調節が完了します。
C02 テーブルプレートがセットされていません。 詳しくは以下をご覧ください。
→「表示部に「C02」が表示されます。
C05 加熱室内の温度が高温のため、オート調理のあたためでは加熱できません。 ドアを開け、「冷却中」表示が消えるまで十分に冷却してください。
※ [とりけし]ボタンを押して、手動調理(レンジ加熱)をすることは可能です。
C06 加熱室内の温度が高温で、赤外線センサーが食品の温度を正しく測れないため加熱できません。 ドアを開け、「冷却中」または「C06」表示が消えるまで十分に冷却してください。
※ [とりけし]ボタンを押して、手動調理(レンジ加熱)をすることは可能です。
C09 [ベーカリー機能搭載]
パンケースがセットされずに、テーブルプレートがセットされています。

[通常のオーブンレンジ]
手動調理のオーブン加熱またはグリル加熱、および黒皿を使うオーブン調理のときの、加熱質底面にテーブルプレートがセットされています。
詳しくは以下をご覧ください。
→「表示部に「C09」が表示されます。
C13 パンケースを使うメニューでパンケースがロックされていません。 パンケース台・投入器をセットしたパンケースをセットし、ロックしてください。ドアを閉めて[あたため/スタート]ボタンを押し、調理を再開してください。
C14 パンケースを使わないメニューでパンケースがロックされています。 パンケース台・投入器をセットしたパンケースを取り出し、指定された付属品を入れてドアを閉めて、[あたため/スタート]を押し、調理を再開してください。
C15 室内の温度が低過ぎます。
(-5℃以下)
部屋をあたためてから調理してください。
最適な温度は約20℃です。
C16 オートベーカリーメニューを調理中または予約待機中に停電がありました。 ドアを開け、パンケース・投入器の状態を確認してください。焼く前の生地であれば、再利用が可能な場合があります。
C17 ねり羽根に材料が引っかかっているか、材料が多いため、ねりモーターの負担が大きくなり、保護装置が働いて回転しなくなっています。 加熱室内から、パンケースを取り出し、引っかかっている材料を取り除き、大きな材料は小さく刻んでください。パンケースをセットし直して[あたため/スタート]ボタンを押して調理を再開してください。

※材料が多い場合は、材料を減らして再開しても各材料の割合がかわるためうまく仕上がりません。
C18 本体内部や下部が高温になっています。 運転を停止した状態でしばらくおき、本体を冷ましてから調理を再開してください。

上記をご確認いただき、改善されない場合は、お買い上げの販売店または修理相談窓口に点検のご相談をしてください。

今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?