ページの本文へ

Hitachi

毛布や掛け布団、カーテンなどの大きい洗濯物は、標準コースで洗うと洗濯物が破れたり、洗濯槽や洗濯機本体が傷んだりする恐れがあります。かならず毛布コースで運転してください。

また、毛布や掛け布団などに目立つ汚れがあるときは、洗濯する前に部分洗いをしましょう。汚れが落ちやすくなります。

以下にタテ型洗濯機の毛布コースについて説明します。ドラム式洗濯機については、以下のページをご覧ください。


目次


毛布コースのしくみ

毛布コースは洗濯・脱水槽を回す、槽回転の水流で洗います。洗濯物をかき混ぜる部品の、かくはん翼(パルセーター)を回転させないため、洗濯物や洗濯槽を傷めずに洗うことができます。
wash_a206_01.png



毛布コースで洗濯・乾燥できるもの

洗濯物の種類

毛布、掛け布団、ベッドパット、カーテン、レースカーテン
*防水性のシーツやカバーなどは洗わないでください。


取扱絵表示

「手洗い」または、「洗濯機洗い」の絵表示があるもの
*絵表示がないものは洗わないでください。
wash_a206_02.png


使用する洗剤

液体合成洗剤、または液体中性洗剤
使用できない洗剤もありますので、洗剤の容器に記載されている内容をご確認ください。

ご注意 粉末洗剤は溶け残るおそれがあるため、液体洗剤以外は使用しないでください。


素材、容量

洗濯ができる素材や容量は機種によって異なります。
詳しくは取扱説明書をご覧ください。


お洗濯キャップ・洗濯ネット

機種によっては、運転中に洗濯物が浮いてしまうことを防ぐため、お洗濯キャップ(別売品)でふたをしたり、市販の洗濯ネットに洗濯物を入れる必要があります。
お洗濯キャップの使いかたについては、以下のページを参考にしてください。


毛布(掛け布団)の入れかた

機種により、2枚や3枚入れることもできます。詳しいたたみ方については、お使いの機種の取扱説明書をご覧ください。このページでは代表的な例をご紹介します。


シングルサイズ(1枚)の折りかた・入れかた

  1. 毛布(掛け布団)の長手を横にして広げます。
    wash_a206_03.png


  2. 縦半分に折り、さらに半分に折ります。
    wash_a206_04.png


  3. 折った毛布(掛け布団)を端から巻き、折り目を上にします。
    wash_a206_05.png


  4. 丸めた毛布(掛け布団)の「ヘリ」を下にして槽の中へ入れ、折り目が上にくるようにします。
    この時、毛布の「ヘリ」を下にして洗濯・脱水槽に入れないと、運転中に毛布を傷める場合があります。
    wash_a206_06.png


  5. 毛布(掛け布団)がバランスリングより下になるように押し、中央部を洗濯・脱水槽側に広げます。
    wash_a206_07.png


毛布などの大物の洗濯物を、折りたたんだ状態でほかの洗濯物と重ねて洗濯・脱水槽に入れないでください。異常振動が発生し、洗濯物が飛び出したり、洗濯機が転倒することがあります。
wash_a206_08.png



カテゴリ別に探す

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。

※6月25日21時~6月26日6時まで、メンテナンスによりWEB受付がご利用いただけません。ご不便をおかけいたしますが、メンテナンス時間帯以外のご利用をお願いいたします。