ページの本文へ

Hitachi

乾燥フィルターは乾燥時に出た衣類の糸くずなどのほこりが付着するため、乾燥運転を行った後、毎回お手入れが必要です。
乾燥フィルターが目詰まりすると、乾燥時間が長くなったり、乾燥むらが起こる原因になります。また乾燥経路にゴミがたまり、故障の原因になります。

衣類の量や種類により、乾燥フィルター内のほこりが少ない場合があります。
乾燥フィルター取り付け部の奥にほこりが付着している場合や、乾燥フィルターのお手入れをしても「乾燥フィルター」の表示が消えない場合は、乾燥フィルター差込口のお手入れをしてください。


乾燥固定フィルターのねじを外すと、乾燥フィルター差込口の奥にねじが入ってしまうなど、別のトラブルにつながる可能性もあるためお控えください。お手入れは手の届く範囲で行ってください。

乾燥フィルターの奥の汚れが気になる場合は、槽洗浄をお試しいただき、改善がない場合はお買い上げの販売店または修理相談窓口に点検のご相談をしてください。
槽洗浄の方法については以下をご覧ください。


乾燥フィルター周りのお手入れ方法

乾燥フィルターの形状は機種によって異なります。乾燥フィルターの取り外し方などはお使いの機種の取扱説明書をご確認ください。

お手入れの方法は動画でもご確認いただけます。以下のページよりお使いの機種を選んで「お手入れ」の項目をご覧ください。


ここでは例としてBD-NX120Bの場合を紹介します。


乾燥フィルターのお手入れ方法

  1. 乾燥フィルターを垂直に引き上げる
    [お手入れ]乾燥F1.JPG

  2. フィルター取っ手を手前にたおす
    [お手入れ]乾燥F2.JPG

  3. 乾燥フィルター内のほこりを取り除く
    乾燥フィルターの開口部を下に向けた状態で、フィルター取っ手を持ってフィルターケースを引き抜きます。
    ※フィルターケースが外れるまでしっかり引き抜いてください。途中でフィルターケースを戻すと、操作が重くなります。
    [お手入れ]乾燥F3.JPG
    ※ほこりの付き具合などによっては、フィルターにほこりが残る場合があります。

    [お手入れ]乾燥F4.JPG
    水洗いしたあとは、よく乾かしてから取り付けてください。

  4. 乾燥内部フィルターのつまみに指をかけて取り外す
    [お手入れ]乾燥F5.JPG

  5. 乾燥内部フィルターに付着したほこりを取り除く
    [お手入れ]乾燥F6.JPG

    [お手入れ]乾燥F7.JPG
    水洗いしたあとは、よく乾かしてから取り付けてください。

    乾燥固定フィルターにほこりが付着している場合や、「乾燥フィルター」のお知らせが表示されている場合は、湿った布で乾燥固定フィルターを拭いてください。

    [お手入れ]乾燥F8.JPG
    ※乾燥固定フィルターは取り外しができません。乾燥固定フィルターのねじを外すと、乾燥フィルター差込口の奥にねじが入ってしまうなど、別のトラブルにつながる可能性もあるためお控えください。
    奥の汚れが気になる場合は、槽洗浄をお試しいただき改善がない場合は、お買い上げの販売店または修理相談窓口に点検のご相談をしてください。

  6. 乾燥内部フィルターを取り付ける
    1. 乾燥内部フィルターの突起部を穴に差し込む
    2. つまみを押してしっかり取り付ける
    [お手入れ]乾燥F9.JPG

  7. 乾燥フィルターにフィルターケースを取り付ける
    乾燥フィルターのレール穴にフィルターケースのレール部を差し込み、奥まで押し込んでください。

    [お手入れ]乾燥F10.JPG
    ※フィルターケースは奥までしっかり押し込んでください。途中でフィルターケースを引くと、操作が重くなります。

  8. 乾燥フィルターを元どおりしっかり取り付ける


  • 「乾燥フィルター」が点滅した場合、そのまま運転を続けると、「乾燥時間が長い」、「乾きがわるい」などの原因になります。
  • パッキン部にほこりなどが付着している場合は、拭きとってください。
  • 取り付けたあと、電源を入れ、「乾燥フィルター」が表示されていても、「スタート/一時停止」を押すと消えます。
  • 乾燥フィルターのお手入れをしたあとに、「洗▶乾」または「乾燥」運転を10回運転するたびに表示します。(ほこりのたまり具合が少ない場合でも表示します)
  • 乾燥フィルターが詰まっていると、10回未満でも「乾燥フィルター」を表示する場合があります。

    kansoftumari.JPG
  • 乾燥フィルターは消耗品です。フィルターが破れたときはお買い求めください。購入については以下をご覧ください。


乾燥フィルター差込口のお手入れ方法

以下のような場合は、乾燥フィルター差込口のお手入れを行ってください。

  • 乾燥フィルター取り付け部の奥にほこりが付着している
  • 「C06」が表示される
  • 「乾燥フィルター」が表示されたまま消えない

  1. 電源を入れ、「乾燥」を3秒以上押す
    奥までお手入れできるようにするための操作です。
    残時間表示部に「---」が表示され、電源が切れます。

  2. 電源が切れたあと、乾燥フィルターと乾燥内部フィルターを取り外す

  3. 仕切り板を取り外す
    1. 左側を手前に引いて左側の固定を外す
      ※外しにくい場合は仕切り板を右に寄せながら左側を手前に引いてください
    2. 手前にゆっくり引き出す
    [お手入れ]乾燥F差1.JPG
    仕切り板を無理に引っ張らないでください。故障の原因になります。

  4. 乾燥フィルター差し込み口奥側に付着したほこりなどを取り除く
    電源を入れているときは内部でエコフラップが動いているため、乾燥フィルター差し込み口奥側に、指や棒などを入れないでください。
    けがや故障の原因になります。 ※故障の原因になるため、エコフラップを手や物で動かさないでください。

    [お手入れ]乾燥F差2.JPG

  5. 仕切り板を元どおり取り付ける
    1. 仕切り板の突起を凹部にはめ込む
    2. 奥に押してしっかり取り付ける
    [お手入れ]乾燥F差3.JPG

  6. 乾燥フィルターと乾燥内部フィルターを元どおりしっかり取り付ける
    仕切り板がしっかり取り付けられていないと、乾燥フィルターを固定することができません。
    「乾燥時間が長い」、「乾きがわるい」などの原因や異音、ほこりが舞い上がる原因になります。

    仕切り板が破損した場合は販売店で購入し、すぐに取り替えてください。


今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。