ページの本文へ

Hitachi

以下を参考にして、定期的にお手入れをしてください。
糸くずフィルターが目詰まりすると、洗剤液が通過しにくくなり、排水ができなくなる原因になります。
お手入れの方法については、以下を参考にしてください。
また、お使いの機種の詳しいお手入れについては取扱説明書をご覧ください。

[参考:BD-NX120Bの場合]

[準備]糸くずフィルターを外す前に脱水運転を行い、排水されたことを確認する
→「脱水のみ運転をする

[表示]C02.pngが表示された場合は、ドラムに多量の水が残っているおそれがあります。
その状態で糸くずフィルターを外すと、水が勢いよく出て床面をぬらしてしまうことがあるので、糸くずフィルターは外さないでください。


  1. 糸くずフィルターカバーを開ける
    1. 糸くずフィルターカバーの上部のへこみ部を押す
    2. 手前に引いて開ける
    [お手入れ]糸くずF1.JPG

  2. 糸くずフィルターを取り外す
    1. 糸くずフィルターのつまみを左に約1回転回す
    2. 糸くずフィルターを手前にゆっくり引き出す
    [お手入れ]糸くずF2.JPG
    • 残水が出る場合があるので、水受けなどで受けてください。
    • 糸くずフィルター内部にたまった糸くずが本体内部に落ちないように注意してください。
    • 糸くずフィルター差し込み部が汚れている場合は、ぞうきんなどでふき取ってください。

  3. 糸くずを取り除き、洗い流す
    • ゴムパッキンはこすらずに、糸くずなどの異物だけを取り除いてください。
      ゴムパッキンについた潤滑剤をふき取ってしまうと、糸くずフィルターが回しにくくなります。
    [お手入れ]糸くずF3.JPG
    [お手入れ]糸くずF4.JPG

  4. 糸くずフィルターを取り付ける
    1. 糸くずフィルターの「ウエ」マークを上に向ける(突起が上向き)

      • 糸くずフィルターのゴムパッキンが外れていないことを確認してください。
      • 糸くずフィルター取り付け部やゴムパッキン部に、糸くずなどが付着していないことを確認してください。
      • 突起を上向き以外に取り付けないでください。水漏れや破損の原因になります。
      [お手入れ]糸くずF5.JPG
      [お手入れ]糸くずF6.JPG

    2. 糸くずフィルターの「ウエ」マークを上に向けたまま奥まで差し込む
      [お手入れ]糸くずF7.JPG

    3. つまみを右に「カチッ」と音がするまでしっかり回す
      「カチッ」と音がするまで回されていないと[表示]糸くずフィルター.png[表示]C16.pngが表示され、運転できません。
      [お手入れ]糸くずF8.JPG


  5. 糸くずフィルターカバーを閉める

※運転中や、ドラムや排水ホースに残水がある場合(洗いのみの運転後など)は、糸くずフィルターを外さない
ドラムに水が入っている場合は、糸くずフィルターを外すときに多量の水が出てきますので、脱水してから外してください。

[表示]糸くずフィルター.pngは、運転を15回行うたびに表示します。
「洗▶乾」運転をした場合は、乾燥で出る糸くずがたまりやすいため、15回未満でも表示する場合があります。(糸くずのたまり具合が少ないときでも表示します)
一度電源を切り、糸くずフィルターのお手入れをしてください。再度電源を入れると表示が消えます。


注意.JPG
糸くずフィルターやゴムパッキンが破損した場合は、すぐに取り替える
水漏れや故障の原因になります。

糸くずフィルターをしっかり取り付けないと、[表示]糸くずフィルター.png[表示]C16.pngが表示されます。
このときは、水漏れを防ぐため、運転できません。



[脱水のみ運転をする]

[準備] 洗濯物を入れる
※排水するだけの場合は、洗濯物を入れる必要はありません。

  1. ドアを閉め、を押し、電源を入れる
  2. を押し、「標準」コースを選ぶ
  3. を押し、お好みの脱水時間を設定する
  4. を押す


お手入れ
※ 映像は、BD-NX120Bで説明しています。

今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

「お手入れのポイント」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。