ページの本文へ

Hitachi

ご迷惑をおかけします。
洗濯機の本体や洗濯物からにおいが発生して気になる場合は、以下をご確認ください。
洗濯物ににおいが付いてしまったり、洗ってもにおいが取れない場合は、酸素系漂白剤でつけ置きをしてから、洗濯から乾燥をやり直してください。
すべての対処方法をおこなっても改善しない場合や、該当するにおいがない場合は、お買い上げの販売店あるいは修理相談窓口に点検をご相談ください。


本体が動かなかったり、変なにおい(焦げ臭いにおい)がしたり、煙が出ていたりしている場合は、すぐに電源プラグを抜いてご使用を中止していただき、お買い上げの販売店または修理相談窓口に点検のご相談をしてください。


目次

洗濯物からにおいがする場合

洗濯機本体からにおいがする場合

参考


洗濯物からにおいがする場合


カビくさい/雑巾くさい/生くさい/汗くさい

  1. 洗濯物を洗濯槽の中に入れたままにしていないか確認します。

    洗濯前:
    洗濯物は風通しの良い場所に保管し、直前に入れてください。

    洗濯運転中:
    一時停止したまま放置したり、電源が切れてしまったときに長時間洗濯物を入れておかないようにしてください。

    洗濯後:
    洗濯物を洗濯槽の中に入れたままにすると、シワになったり、雑菌などが繁殖し、においが付きやすくなったりしてしまいますので、すぐに取り出してください。


  2. お湯取り運転をしているか確認します。
    風呂水に含まれる雑菌が、洗濯物に付着して繁殖する場合があります。お湯取り設定をしている場合は、「洗い」のみにするか、お湯取り運転自体をお控えください。


    お湯取ホースから汚れやにおいがする場合には、ホースも洗浄できる洗濯槽クリーナー(市販品)をおためしください。においが取れない場合は、お湯取ホースはお近くの日立のお店や家電量販店等でご購入(お取り寄せ)ください。


  3. 洗濯物に汚れが残っていないか確認します。
    適正な洗剤量を入れ、一度に洗う洗濯物の量を減らしてください。頑固な汚れの場合は、洗剤と一緒に酸素系漂白剤を入れるか、つけ置き洗いをしてください。


    汚れがひどい場合は、温水ミストやホット高洗浄、「念入り」コースをおすすめします。洗濯コースの設定方法についてはお使いの機種の取扱説明書をご確認ください。


  4. 洗濯槽洗浄をおこないます。
    洗濯槽内部や循環経路に蓄積した洗剤カスやほこりなどの汚れがにおいの原因となり雑菌が繁殖し、衣類ににおいが移った可能性が考えられます。
    洗濯槽洗浄の方法については、以下のページを参考にしてください。



    • 運転終了後はできるだけドア(フタ)を開けて換気をしてください。このとき、子どもが洗濯槽の中に入らないようご注意ください。

    • 「自動おそうじ」が搭載されている機種は、ON(設定あり)にしてください。

  5. 洗剤を変えてみます。
    香りの強い洗剤や柔軟剤、粘性の高いものを使用すると、洗濯物に香りが強く残る場合があります。除菌・抗菌成分配合、かつ消臭効果のある部屋干し用などの洗剤をおすすめします。

下水くさい

乾燥運転後の洗濯物が下水くさい場合は、排水ホースから下水のにおいが移っている可能性があります。

乾燥運転中や運転終了後は、自動的に排水トラップに水をためて、においが上がってくることを防ぐようになっています。
wash_a51_001.png

水栓(蛇口)を閉めていると、排水トラップに水をためることができなくなり、排水口からにおいが上昇する原因になりますので、乾燥運転時は必ず水栓(蛇口)を開けてください。
wash_a51_002.png

ドラム式洗濯乾燥機をお使いの場合は、以下のページもあわせてご確認ください。

乾燥運転以外でも常に下水くさい場合は、以下の洗濯機本体や設置場所が下水くさいをご確認ください。



洗濯機本体からにおいがする場合


カビくさい

洗濯機の中の汚れ、洗剤カス、ほこりの蓄積が原因となりカビや雑菌が繁殖する場合があります。
wash_a51_002.jpg

  1. 洗濯槽洗浄をおこないます。
    洗濯槽クリーナー(SK-1)などを使い、11時間コースで運転をしてください。洗濯槽洗浄の方法については、以下のページを参考にしてください。


  2. 自動おそうじの設定をします。
    「自動おそうじ」が搭載されている機種は、ON(設定あり)にしてください。

  3. 乾燥フィルターのお手入れをします。
    乾燥運転をするとにおう場合は、乾燥フィルターのお手入れをしてください。



溶剤くさい、機械くさい、ゴムくさい

本体の部品や、ドアパッキンなどのゴム製部品によるにおいが洗濯槽に残っていると、乾燥の熱でにおいが感じやすくなる場合がありますが、運転を繰り返すことでにおいが少なくなります。
運転終了後はできるだけドア(フタ)を開けて換気をしてください。このとき、子どもが洗濯槽の中に入らないようご注意ください。


洗濯機本体や設置場所が下水くさい

洗濯機本体や、その周辺が下水くさい場合は、排水口からの下水のにおいが上昇し、周辺に移っている可能性があります。

  1. 市販の配管用クリーナーで排水口をお手入れします。
    市販の排水口用クリーナーなどを使用して、排水口/排水トラップの清掃をしてください。
    お手入れがしにくい場合には、別売り部品の糸くずボックスをお買い求めいただき、設置することをおすすめします。
    糸くずボックスは、お近くの日立のお店や家電量販店等でご購入(お取り寄せ)ください

  2. 排水トラップカバーが取り付けられているか確認します。
    付属の排水トラップカバーを取り付けることで、においの逆流を防ぐことができます。
    排水口の形状によって取り付けられない場合もありますので、取扱説明書と同様に付属されている据付説明書をご確認ください。取り付ける方法については、販売店や据付業者へご相談ください。
    wash_a51_003.JPG



においが気になる場合の対処方法は、使いかた動画でも紹介しています。
下記ページで機種をお選びいただき、「お困りの時は」→「においが気になる」から、動画をご覧ください


カテゴリ別に探す

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。

※6月25日21時~6月26日6時まで、メンテナンスによりWEB受付がご利用いただけません。ご不便をおかけいたしますが、メンテナンス時間帯以外のご利用をお願いいたします。