ページの本文へ

Hitachi

洗濯を開始しても水の出が悪く、水がたまるまで時間がかかったり、エラーコード「C01」が表示したりする場合は、給水口のフィルターにゴミが詰まっている可能性があります。給水口のお手入れを行ってください。

※ 水が出ているのに、本体に水がたまらない(排水されてしまう)場合は、本体内部の問題の可能性があります。 本体お買い上げの販売店または修理相談窓口に点検をご相談ください。

給水口のお手入れ方法

水の飛び散りを防ぐためにも、以下の手順で給水口のお手入れを行ってください。

  1. 水栓(蛇口)を閉める
    [お手入れ]給水口1.JPG

  2. 給水ホース内の水を抜く
    1. 電源を入れる

    2. 「槽洗浄」または「温水槽洗浄」コースを選ぶ
      すぐに給水動作が始まるため「槽洗浄」コースを選択します。
      ※「槽洗浄」コースを選ぶボタンは機種により異なります。詳しくは取扱説明書の「槽洗浄」のページをご参照ください。

    3. スタート/一時停止」を押し、約10秒間運転させる
      給水ホース内の残水が洗濯槽内に入ります。

    4. 「スタート/一時停止」を押し、運転を一時停止する

    5. 電源を切る

  3. ユニオンナットを矢印方向に回し、給水ホースを外す
    給水ホース内の残水がたれる場合があります。
    給水ホースの先にバケツなどの容器を置くか、ぞうきんなどで水を受けてください。
    [お手入れ]給水口2.JPG

  4. 給水口のフィルターに詰まったゴミを、歯ブラシなどで取り除く
    給水口のフィルターをペンチなどで取り外して掃除してください。
    お手入れが終わったら、忘れずにフィルターを元の位置に戻してください。取り付けないと、給水弁の故障の原因になります。
    [お手入れ]給水口3.JPG

  5. 水受けを用意して、水が出るか確認する
    給水ホースの先に水受けを用意して、水栓を開けます。
    給水ホースからしっかり水が出るかを確認します。
    水が出ることを確認後、もう一度水栓(蛇口)を閉めます。

    ※給水ホースから水の出が悪い場合は、水栓から給水ホースを外し、給水ホース内につまりがないか確認します。 給水ホースにつまりがない場合は、水栓側の問題のため、水道業者などにご相談ください。

  6. 給水ホースを給水口に取り付ける

    [事前確認]
    水漏れの原因になるため、給水ホースを取り付ける前にユニオンナット内のパッキンについて以下を確認してください。

    • パッキンに異物が付着していない
    • パッキンが斜めに取り付けられていない

    [据付]ユニオンナット2.JPG

    1. 給水ホースのつぎてが回らないように片手で押さえながら、ユニオンナットが傾かないように給水口に合わせる

    2. つぎてが上下にぐらつかないところまでユニオンナットを矢印方向に回す
      [据付]ユニオンナット1.JPG

    3. ユニオンナットをさらに約90度回し、しっかり締め付ける
      ユニオンナットは確実に締め付けてください。
      緩んでいると、水漏れの原因になります。

    4. つぎてのぐらつきやユニオンナットの緩み・傾きがないことを確認する
      緩んでいる場合はさらに締め付けてください。

    以上で給水ホースの取付けは完了です。


  7. 水栓(蛇口)を開ける
    [お手入れ]給水口4.JPG


  • 付属品の給水ホースを使用する
    付属品以外の給水ホースを使用すると、水漏れの原因となります。
  • 長期間使用するとユニオンナットが緩み、水漏れして思わぬ被害を招くことがあります。
    緩んでいる場合は、さらに締め付けてください。


上記お手入れ手順を行っていただいても改善しない、または水がでても本体に水がたまらない場合は、本体に問題が発生している可能性があります。
お買い上げの販売店または修理相談窓口に点検をご相談ください。


今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。