ページの本文へ

Hitachi

エコキュート

断熱性が高いウレタンフォームでお湯が冷めにくい貯湯ユニット
[ウレタンク]

業界初※1

ウレタン発泡充てん断熱構造の貯湯ユニット

※1 2014年10月20日発売。国内の家庭用エコキュート貯湯ユニットにおいて。

○このページは、[水道直圧給湯]フルオート標準タンク(高効率)BHP-FV46SD、BHP-FV37SDの特長を紹介しています。

※[ウレタンク]の構造イメージ図のウレタンフォーム等は、実際の色とは異なります。イメージ図は脚カバー(別売)装着品です。

[ウレタンク]で高い耐震性の耐震クラスS

タンク内脚、脚受け部を含めてウレタンフォームを充てんすることにより、剛性の高い貯湯ユニットとし、耐震クラスSに対応しています。しかも、施工性を変えない3本脚です。

対象:460L、370L貯湯ユニットにおいて。(560Lは耐震クラスA、フルオート薄型タンク460L、370Lは耐震クラスB対応)建築設備耐震設計・施工指針(一般財団法人日本建築センター)における「局部震度法による建築設備機器の設計用標準震度」において設計用水平震度(KH)が下表の通り定められています。試験条件:満水の機器を工事説明書に記載の固定方法で固定し、重心位置を弱軸方向へ連続的に下表に記載の設計用水平震度(KH)に相当する荷重を加えた場合に耐えることを確認。

● 貯湯ユニット脚部の構造

イメージ図

耐震クラスS(病院・学校・避難所等)

耐震クラスA(官庁施設)

耐震クラスB(一般住宅)

2階以上設置*2 2.0G 1.5G 1.0G
地上階設置 1.0G 0.6G 0.4G
2階以上設置*2 地上階設置

耐震クラスS(病院・学校・避難所等)

2.0G 1.0G

耐震クラスA(官庁施設)

1.5G 0.6G

耐震クラスB(一般住宅)

1.0G 0.4G

断水や災害などの非常時に、貯湯ユニットのお湯(水)を生活用水としてお使いいただけます。

※取水ホースからは、最高約90℃の熱湯が出る場合がありますので、やけどにご注意ください。
※飲用はできません。

脚カバーを外したイメージ図

*1 年間給湯保温効率(JIS)は、JIS C 9220に基づき算出した 値です。地域や運転モードの設定、ご使用状況等により異なります。

*2 2階以上設置の場合 は上部固定金具(別売)が取り付け必須です。