ページの本文へ

Hitachi

ごみが少ないのに「ごみすて」ランプが赤色に点滅するときは、以下の原因が考えれれます。

【ランプが赤色にゆっくり点滅している場合】

  1. ランプが正しく動作しているか確認します(紙パック式)。
    「強」で運転し、パワーヘッドを床面から浮かせることで、ランプが正しく動作しているか確認できます。このときランプが点滅しなければ、そのままご使用いただけます。

  2. 細かい砂ごみ、土ぼこりを吸わせていないか確認します。
    砂ごみや土ぼこりは、フィルターが目詰まりするため、少量でもランプが点滅する場合があります。
    また、一部のサイクロン式クリーナーでは、ティッシュペーパーを取りつけると、通常のごみ捨て時期よりもランプが早く点滅する場合があります。
    サイクロン式クリーナーをお使いの場合は、以下のページを参考にして、フィルターのお手入れをしてください。
    →「サイクロン式のお手入れの方法を教えてください。

    clean_a52_01.jpg

    紙パック式クリーナーをお使いの場合は、以下のページを参考にして、新しいパックフィルター(紙パック)に交換してください。
    →「パックフィルター(紙パック)の取り外し/ごみ捨ての方法を教えてください。

  3. 吸込口がふさがれていないか確認します。
    毛足の長いじゅうたんで吸い込んだり、「曲がるロング吸口」や「すき間用吸口」をお使いの場合は、吸い込む風量が少なくなるため、ランプが点滅する場合があります。
    いったん「切」ボタンを押して動作を停止し、ランプが消灯するまで約10分間お待ちください。

  4. 延長コードや、ほかの電気製品と同じコンセントに同時に使用していないか確認します。
    複数の電気製品を同じコンセントに接続していると、電圧の低下により、早期にランプが点滅する場合があります。
    定格15A以上、交流100Vのコンセントに、クリーナーを単独で接続した上でご使用ください。


【ランプが赤色に早い点滅(1秒間に約2回)をしている場合】

上記をおこなっても改善しない場合や、1秒間に約2回の早い点滅をおこなっている場合は、ご迷惑をおかけしますが、クリーナー本体に問題が発生している可能性があります。
電源を「切」にしてから電源プラグを抜き、お買い上げの販売店あるいは修理相談窓口に点検のご相談をしてください。


カテゴリ別に探す

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。