ページの本文へ

Hitachi

エアコンの消費電力を節約し、省エネの効果が得られる使いかたのポイントを以下にご紹介します。


目次

  1. 室内温度は適温にする
  2. フィルターはこまめに掃除する
  3. タイマーを有効に活用する
  4. 室外機のまわりはふさがないようにする
  5. 窓や戸の開閉は少なめにする
  6. カーテンやブラインドを活用する
  7. 風向や風速の調節を工夫する
  8. 扇風機を併用する
  9. 節電機能を活用する

1.室内温度は適温にする



冷やしすぎ、暖めすぎは電気代が余分にかかりますので、こまめな温度調節が効果的です。
省エネ推奨温度(適温)は、冷房時28℃、暖房時20℃となります。
冷房時は1℃高め、暖房時は1℃低めに変更することで、それぞれ約10%節電効果を得られます。


エアコンは、寒い部屋を一気に暖めるときや、暑い部屋を冷やすときに多くの電気を使います。
こまめなスイッチの入/切よりも、設定温度まで運転し、その設定温度を維持している方がとても少ない電力で済みます。


2.フィルターはこまめに掃除する

フィルターの目詰まりは、冷暖房効果を弱めます。
フィルターのゴミやホコリ等を取り除きますと、約5~10%の省エネ効果が得られます。
お手入れの機能や方法は機種によって異なります。お使いの機種の取扱説明書をご覧ください。


フィルター自動掃除運転機能がない場合

2週間に1回は、お掃除をおすすめします。


フィルター自動掃除運転機能がある場合

普段のお手入れは不要ですが、使用環境によってホコリやチリの量は変わります。汚れが気になるときは、定期的にお手入れをしてください。


3.タイマーを有効に活用する

タイマーを予約して必要な時間のみ運転していただくことで電気のムダが省けます。
※タイマー予約のしかたは取扱説明書をご覧ください。


4.室外機のまわりはふさがないようにする

air_a28_001.png

本来の冷暖房効果を発揮するため、室外機の吹出し口付近に障害物を置かないでください。


5.窓や戸の開閉は少なめにする

外気の影響を受けて室温が変わりやすくなるため、余分に冷暖房運転をおこなうため、電気代もかかります。


6.カーテンやブラインドを活用する

夏の日中は、直射日光の侵入を防ぐことで省エネ効果が期待できます。
冬の日中は日光を入れ、夜間はカーテンやブラインドで熱の漏れを防ぎましょう。


7.風向や風速の調節を工夫する

冷たい空気は下方に、暖かい空気は上方に集まりますので、冷房時は風向きを水平に、暖房時は風向きを下にすると効果的です。
また、風速は常に「微風」で運転するよりも、「自動」で運転する方が節電され、省エネ効果が得られます。


8.扇風機やサーキュレーターを併用する

エアコンと扇風機を同時に使うことで、お部屋の空気の循環を効果的におこない、省エネ効果が得られます。


9.節電機能を活用する

air_a28_002.png

リモコンに「エコこれっきり」ボタン、「電力カット」ボタンや「AIこれっきり」ボタンのあるエアコンは、その機能を使うことで省エネ効果が得られます。
※ 省エネ機能を優先する機能のため、エアコンの能力を抑えた運転のためよく冷えない・温まらないことがあります。

機種により機能や名称は異なります。詳しくは、お使いの機種の取扱説明書をご覧ください。


エアコンの電気代については、以下のページをご参照ください。


今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。