ページの本文へ

Hitachi

冷蔵庫内の各室に食品を保存する方法や、便利に収納するときのコツを紹介します。 本ページは、R-XG48K、R-WXC74Nなどを例に説明しています。詳しくは、お使いの機種の取扱説明書をご確認ください。


食品を保存する方法

各室ごとの保存に適した食品と、収納のコツを紹介します。
rei_a139_001.png

rei_a139_004.png
クリックで拡大



目次



冷蔵室

冷蔵室の収納におすすめの食品は、おもに日常的に使う食品です。
例:サラダ、ケーキ、とうふ、乳酸菌飲料、ヨーグルト、プリン、鍋に入れた食品、生卵、調味料、ビール、牛乳、ペットボトル飲料
rei_a139_002.png

  • 冷蔵室の温度は、約2℃~6℃です。

  • 食品はすき間を空けて収納してください。冷気の通り道を作ることで、効率的に冷やすことができます。冷えにくい場合は、以下のページを参考にしてください。

  • においが強い食品は、ラップをして密封してください。

  • 冷気の吹き出し口の前に食品を置かないようにしてください。水分の多い食品は、凍ってしまう可能性があります。

  • 冷蔵室の上段は冷えにくく、奥まで届きにくいので、大きなペットボトルや缶ビールなど、保存期間が長く、ひと目でわかるものを入れることをおすすめします。食品や飲み物を早く冷やしたいときは、以下のページをご覧ください。

  • 冷蔵室の中段は、すぐに消費したいものや、頻繁に使うものを入れることをおすすめします。また、同じタイミングで使うものをトレーなどにまとめておくと便利です。(朝食セット、お弁当セットなど)
    もし、トレーを複数入れる場合は、冷えにくくならないよう、トレー同士のすき間が空くようにしてください。

  • 冷蔵室の下段は、冷気が下にたまりやすいため、豆腐や納豆など、日持ちしないものを入れることをおすすめします。

  • ドアポケットは、頻繁に使う調味料や飲料を入れ、ドアに食品がはさまらないように入れてください。

真空チルドルーム

真空チルドルームへの収納におすすめの食品は、鮮度を保った保存が必要なものです。
例:バター・チーズなどの加工食品、サラダ、カットした果物
rei_a139_003.png

真空チルドを設定中のときの温度は、約0℃~2℃です。詳しくは、以下のページをご覧ください。


氷温ルーム(特鮮氷温ルーム)

氷温ルーム(特鮮氷温ルーム)におすすめの食品は肉や魚介類などの生鮮食品で、凍らせないぎりぎりの温度で保存し、鮮度と栄養素を守ります。
例:肉、魚介類、かまぼこ、ちくわ、ウインナーなどの生鮮食品
rei_a139_005.png

特鮮氷温ルームの設定中の温度は、約-2℃~0℃で、特鮮氷温ルームが搭載されている機種以外にも、真空チルドルームで、「真空氷温」を切に設定したときに同様の機能になります。詳しくは、以下のページをご覧ください。


冷凍室

冷凍室は、上段と下段がある機種は、食品の種類や大きさに合わせて収納するようにしてください。
また、冷凍室には食品をなるべく多く収納すると、より冷気を保ちやすくなります。

上段冷凍室への収納におすすめの食品は、日常使う食品や、使いかけの食品で、温度は約-19℃~-17℃です。
例:コーヒー豆、茶葉、うどん、食パン
rei_a139_006.png


下段冷凍室への収納におすすめの食品は、長く保存する食品や、溶けやすいアイスクリームなどで、温度は約-20℃~-18℃です。
例:肉・魚介類、アイスクリーム、冷凍食品、ご飯
rei_a139_007.png


また、冷凍室下段には薄物ケース、小物ケース、大物ケースがあり、収納におすすめの食品はそれぞれ以下になります。収納する食品の高さは、各ケースの端面を目安にしてください。
rei_a139_011.png

  • 薄物ケースの例:小物冷凍食品、デリシャス冷凍スペースで肉・魚やご飯をすばやく冷凍するとき
  • 小物ケースの例:フリージングパック、密閉容器など
  • 大物ケースの例:冷凍食品、アイスクリームなど
  • たて収納スペースの例:冷凍ペットボトルなど

デリシャス冷凍(急冷凍・急速冷凍)は、食品を急いで冷凍するための機能です。詳しくは、以下のページをご覧ください。


野菜室

野菜室は、野菜の種類や大きさによって収納する場所を使い分けてください。温度は約4℃~8℃ですが、たて収納スペースのみ約4℃~9℃です。
そのため、他の室内よりも温度、湿度が高いため、米、海苔などの乾燥食品を収納する際は、水分を吸ってしまう(吸湿)ことがありますので、密閉した容器(袋)に入れてから収納してください。

上段スペースへの収納におすすめの食品は、小物野菜や使いかけの野菜、果物などです。
例:トマト、イチゴ、グレープフルーツ、ピーマン、しいたけ
rei_a139_008.png


下段スペースへの収納におすすめの食品は、葉物野菜、大物野菜です。
例:ホウレンソウ、小松菜、キャベツ、レタスなど
rei_a139_009.png


たて収納スペースへの収納におすすめの食品は、背の高い野菜、根菜、ペットボトルなどです。
例:きゅうり、にんじん、ペットボトル飲料
rei_a139_010.png




冷蔵庫内の各室の適温については、以下のページをご覧ください。


今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。