ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品

汚れに気がついたらすぐにふき取ってください。見えない部分も年に一回はお手入れすることをおすすめします。
お手入れの際は、必ず電源プラグをコンセントから抜いて行ってください。

以下を参考にお手入れを行ってください。

  • 電源プラグ(年に1,2回)
    電源プラグをコンセントから抜き、乾いた布などでホコリなどを取り除いてください。

  • ドア表面(月に1回)
    やわらかい布にぬるま湯をふくませて汚れをふき落とし、その後、乾いた布できれいにふき取ってください。
    ガラス表面にテープのりなどが残っているときは、プラスチック消しゴムでこすってから乾いた布でふくと取り除くことができます。

  • ドアパッキング(月に1回)
    やわらかい布にぬるま湯をふくませて汚れをふき取ってください。
    汚れやすいところなので、汚れをよくふき取ってください。

  • 各棚、ポケット(3か月に1回)
    やわらかい布にぬるま湯をふくませて汚れをふき取ってください。
    取り外し方は、取扱説明書使い方動画をご覧ください。

  • 汁受け部(月に1回)
    やわらかい布にぬるま湯をふくませて汚れをふき取ってください。
    汁がたまったり汚れた場合、ふき取ってください。
    WS000430.JPG

  • ケース(3か月に1回)
    やわらかい布にぬるま湯をふくませて汚れをふき取ってください。
    野菜室の下段ケースを水洗いした場合は、ひっくり返して水を抜いた後、十分に水分をふき取ってください、また、歯ブラシやたわしなど毛足の長いものは使わないでください。ケースの傷つきや、うるおいユニットの破損の原因になります。
    取り外し方は、取扱説明書使い方動画をご覧ください。
    ※プラチナ触媒は水洗いしないでください。

  • 冷蔵庫背面・床(年に1,2回)
    脚カバーを外し、調整脚を床から浮かせ、冷蔵庫を手前に引き出して、汚れをふき取ってください。
    →「冷蔵庫を掃除をするときなど、前後方向に移動するときはどうしたら良いですか?
    背面は空気の対流により、細かいホコリが付着して汚れやすいところです。
    傷のつきやすい床では保護用の板などを敷いてください。

  • 真空チルドルーム(月に1回)
    →「真空チルドルームのお手入れはどうしたら良いですか?

  • 給水タンク(週に1回)
    →「自動製氷機のお手入れはどうしたら良いですか?

  • 製氷皿(年に1,2回)
    →「自動製氷機のお手入れはどうしたら良いですか?

  • 製氷おそうじ(自動製氷機を1週間以上使わなかったとき)
    →「自動製氷機のお手入れはどうしたら良いですか?

※お願い

  • ドア、塗装面やプラスチック、ガラス面を傷めたり、変色させたりする場合がありますので、次のものは使わないでください。
    • アルカリ性、弱アルカリ性の台所用洗剤(中性以外)、ガラス用洗剤、塩素系漂白剤
    • たわし、研磨スポンジ、化学ぞうきん
    • みがき粉、粉石けん
    • ベンジン、シンナー、アルコール
    • 熱湯
  • 食用油、かんきつ類の果汁、食品の汁が付いたときは、必ずふき取ってください。付着した部分が変色したり割れたりする場合があります。
  • ケース類や引き出しレールの稼動接触面には潤滑剤が塗られているのでふき取らないでください。(潤滑剤は食品衛生法に適合しています)
  • マグネットや吸盤を本体側面やドア表面につけた場合、跡が残る場合があります。
  • 電源プラグを抜いた場合、操作パネルの設定が解除されますので、お好みに合わせて再設定してください。

「お手入れのポイント」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。上の画像をクリックして表示される下記の窓口へお問い合わせください。