ページの本文へ

Hitachi

多量の泡が洗濯槽内に残り、脱水されないときに、表示部に「C18」または「Ch」が表示されます。
wash_a210_001.png

wash_a210_002.png

多量の泡が洗濯槽内に残る原因は、以下のような場合があります。

  • 洗剤の入れすぎ
  • 排水がスムーズに行われていない
  • 洗濯槽内に石けんのカスなどが蓄積している


対処方法

以下の対処方法を順番にお試しください。



1.すすぎをして脱水できるか確認します

洗剤の入れすぎで泡が多量に発生している場合は、すすぎで洗濯槽内に残った泡を消すと、脱水ができるようになります。
電源を切り、すすぎと脱水を個別運転してください。運転方法は以下のページをご覧ください。



2.自動投入の設定を確認します(自動投入対応機種のみ)

洗剤を自動投入している場合は、液体洗剤の基準値(水30Lに対する使用量)が正しく設定されていないと洗剤が多く投入されてしまう可能性があります。
洗剤の容器に記載されている「水量30Lに対する使用量」が設定されているかご確認ください。
自動投入の設定方法については、以下のページをご覧ください。



3.排水ホースが正しく取り付けられているか確認します

排水ホースが以下のような場合、排水がスムーズにできなくなり、泡が洗濯槽内に残ってしまいます。

  • ねじれていたり、つぶれたりしている
    wash_a210_003.png


  • 途中で10cm以上高くなっている
    wash_a210_004.png

このような場合は、排水ホースを正しく取り付けて改善するかご確認ください。



4.すべての対処方法を行っても改善しない場合

上記の対処方法を行っても脱水ができない場合や、繰り返し「C18」や「Ch」が表示される場合は、お買い上げの販売店または修理相談窓口に点検のご相談をしてください。




洗濯槽内に蓄積された石けんのカスなどがあると、泡が発生する場合がありますので、定期的に槽洗浄コースで洗濯槽をお手入れしてください。
お手入れ方法については、以下のページをご覧ください。


カテゴリ別に探す

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。