ページの本文へ

Hitachi

エアコンクリーニング(内部洗浄)はお客様ご自身では行わず、高い専門知識を有する業者にご依頼ください。

洗浄方法や、使用する洗浄剤の選定、取り扱い、処理などに高い専門性が必要です。正しい方法で行わないと、内部部品の破損や、電気部品の絶縁不良、水漏れなどを引き起こしてしまうことがあります。
※市販の洗浄スプレーのご使用はお控えください。

エアコンクリーニング(内部洗浄)の依頼について
お買い上げの販売店、もしくは当社の修理ご相談窓口(日立家電エコーセンター)にご相談ください。

修理ご相談窓口(日立家電エコーセンター)へご相談する場合は、以下のページの「お申し込み・ご相談先」にある「Web」もしくは「電話・FAX」よりご連絡ください。
→「修理のご相談・お申し込み

[参考]
エアコンクリーニング(内部洗浄)の頻度
エアコンクリーニング(内部洗浄)は定期的に行う必要はありません。
エアコン内部のニオイや、カビ・埃が気になったら行ってください。

カビやニオイの予防
カビやニオイの予防には「内部クリーン」がおすすめです。
設定(予約)すると、「冷房」「除湿」「涼快」運転停止後に、室内機の内部を乾燥する運転を(約60分間)行い、室内機のカビの発生を抑制します。
※すでに発生しているカビを取り除く機能ではありません。

「内部クリーン」について詳しくは、以下をご覧ください。
→「「内部クリーン」運転について教えてください。
→「「内部クリーン」運転の設定方法を教えてください。

凍結洗浄付きのエアコンは以下のページをご確認ください。
→「凍結洗浄付きのエアコンなので、エアコンクリーニング(内部洗浄)は不要ですか?

今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。