ページの本文へ

Hitachi

以下の部分についてお手入れができます。定期的にお手入れすることで省エネの効果が上がり、電気代の節約にもなります。


エアフィルターなどの内部部品

エアフィルターなど、お手入れができる内部部品は以下になります。
air_post36_01.png
クリックして拡大


  1. エアコンフィルター(上面)
  2. エアコンフィルター(前面)
  3. 前面ホコリキャッチャー(ダストボックス付き)
  4. 上面ホコリキャッチャー
  5. お掃除ユニット

お手入れ方法

エアフィルターは、掃除機やスポンジなどを使って、強い力を加えないようにしながら、エアフィルターのほこりや汚れを取りのぞいてください。
汚れがひどいときは、中性洗剤で洗い、よくすすいでから室内干しをしてください。
エアフィルターの取りはずしかたは機種によって異なるため、詳しくはお使いの機種の取扱説明書のお手入れの項目をご確認ください。


掃除機でごみを吸い取る場合は、吸引力が強すぎるとエアフィルターを傷めるおそれがありますので、弱めに設定してください。
air_post-36_04.png

お掃除ユニット(フィルター掃除ユニット)とホコリキャッチャー(ダストボックス)の取りはずしとお手入れについては、以下のページを参考にしてください。



自動クリーン運転でお手入れできる内部部品

自動クリーン運転(凍結洗浄など)が搭載されている機種は、設定することで、取りはずしができない内部の熱交換器などの汚れを掃除することができます。
また、ファン自動お掃除(ファンロボ)を搭載している機種は、自動クリーン運転(凍結洗浄など)を運転したときに、ファンについたほこりも同時に掃除します。


お手入れ方法

以下のページをご覧ください。



自動クリーン運転をしても改善しない場合や、自動クリーン運転が搭載されていない機種は、エアコンクリーニング(内部洗浄)を専門業者に依頼することをおすすめします。詳しくは、以下のページをご覧ください。



フロントパネルなどの外部部品

フロントパネルなど、お手入れができる外部部品は以下になります。
air_post36_02.png

  • フロントパネル
  • フラップ(ルーバー、風向板)
  • 本体外側

フロントパネルの取りはずしかたは、以下のページを参考にしてください。


お手入れ方法

  • 水洗いはできません。柔らかい布でからぶきしてください。化学ぞうきんなどを使うときは、その注意書きに従ってください。

  • 汚れがひどいときは、水かぬるま湯を含ませた布をよくしぼってからふいてください。

  • フラップ(ルーバー、風向板)は、強い力を加えないようにしてください。



室外機

air_post36_03.jpg

お手入れ方法

  • 吸込み口や吹き出し口周辺の物や、草などが周辺にある場合は取り除いてください。
  • 手でとれる範囲で、付着した埃やゴミを取り除いてください。
  • 柔らかい布でからぶきしてください。汚れがひどいときは、水かぬるま湯を含ませた布をよく絞ってふいてください。

  • 室外機背面は、熱交換器(アルミフィン)がむき出しになっています。危険ですので、直接触れないでください。

  • 室外機に直接、水(お湯)をかけないでください。電子部品などの故障の原因になる可能性があります。

  • 安全のため、天板を外すなどの分解を伴うお手入れはご遠慮ください。



今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。