ページの本文へ

Hitachi

お使いの機器と状況によって対処方法が異なります。以下をご確認ください。


ドラム式、タテ型洗濯機は、それぞれ対処方法が異なります。また、スマートフォンの遠隔操作に対応した機器についても対処方法をご確認ください。

[対処方法]

[ドラム式、タテ型 共通の確認事項]

  1. 「チャイルドロック」(wash_a126_01.png)のランプが点灯しているか確認します。
    「チャイルドロック」のランプが点灯している場合は、ふた(ドア)を開けることはできません。
    運転中の場合は一時停止をしてから、「乾燥」を5秒以上タッチし、ランプが消えるまで待ってください。

  2. 「ロック」(wash_a126_02.png)のランプが点灯しているか確認します。
    「ロック」のランプが点灯している場合は、ふた(ドア)を開けることはできません。
    「スタート/一時停止」ボタンを押して、ランプを消灯してからふた(ドア)を開けてください。

  3. 「高温ロック」が点灯(または点滅)していないか確認します。
    「高温ロック」(wash_a126_03.png)のランプが点灯(または点滅)している場合は、ふた(ドア)を開けることはできません。
    乾燥運転の途中で停止させた場合や電源を切った場合、洗濯・脱水槽が高温のため、1から15分の冷却運転がはじまります。冷却運転が完了し、ランプが消灯するとふた(ドア)が開けられるようになります。

  4. 運転の途中で電源が切れてしまっていないか確認します。
    運転の途中で電源が切れてしまった場合は、ふた(ドア)がロックされたままになります。
    電源を入れ直し、「ロック」のランプが消えると、ふた(ドア)が開けられるようになります。


[ドラム式洗濯機 固有の確認事項]

  1. 注水している水の高さ(水位)を確認します。
    水位が高いと水がこぼれてしまうため、ドアを開けることはできません。脱水運転をして水を抜いた状態でドアを開けてください。

  2. ドラムやジェット送風ファンが回転していないか確認します。
    ドラムやジェット送風ファンが回転中は、怪我をするおそれがあるため、ドアを開けることはできません。回転が止まるまでお待ちください。


[スマートフォンから遠隔操作ができる機種 固有の確認事項]

  1. 「リモート」ボタンの「遠隔操作待機状態」を確認します。
    アプリの「遠隔操作待機状態」が「設定あり」の場合は、ふたを開けることができません。電源を入れた状態から「リモート」ボタンをタッチし、「遠隔操作待機状態」を解除(設定なし)してください。
    wash_a126_04.JPG

上記をご確認いただき、改善されない場合は、お買い上げの販売店または修理相談窓口に点検のご相談をしてください。

修理する場合の目安はこちら

ご申告内容に対する故障時の修理対応目安を表示いたします。
お使いになっている製品の型式を入力ください。

ご利用型式
※半角英数字で入力してください(例:BWDV80C)

※ご利用型式が不明の場合はこちら
ご確認後、そのままWEBにて修理のお申し込みも可能です。

今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。