ページの本文へ

Hitachi

衣類に洗剤が残り、シミのように見えてしまう場合は、原因として以下のことが考えられます。

  • 洗剤、柔軟剤を入れすぎた
    洗剤量、柔軟剤量が多いと溶け残りの原因になり、白いシミが残る場合があります。
    洗剤の種類によって「1杯」の量は異なります。
    お使いの機種の取扱説明書に記載の「洗剤・漂白剤・柔軟剤量」の表を参考に投入してください。
    ご使用の洗剤名が表に掲載されていない場合は、洗剤容器に記載されている水30Lに対する洗剤使用量を基準にご確認ください。

  • 洗剤を洗濯・脱水槽に直接入れてしまった
    液体洗剤や粉末洗剤は、洗剤ケースに水が入り、洗剤を溶かしてから衣類を洗っています。
    そのため、洗剤を直接洗濯・脱水槽に入れると、溶け残る場合がありますので、洗剤ケースに入れてください。

  • 天然油脂の粉石けんを洗剤ケースに入れてしまった
    天然油脂の粉石けんを使用する場合は、充分に溶かしてから、洗濯・脱水槽に直接入れてください。
    なお、粉石けんは機種によって使用できない場合があります。あらかじめお使いの機種の取扱説明書をご確認ください。

  • 水温が低く、洗剤が溶けなかった
    水温が低い場合に、洗剤が溶け残る可能性があります。
    粉末洗剤を利用している場合は、あらかじめぬるま湯で溶かしてから入れてください。
    ※給湯器から洗濯槽へ直接入れると故障の原因になりますので、絶対に入れないでください。

  • 洗濯ネットを使用した
    洗濯ネットを使用すると、衣類の動きが制限され部分的なすすぎ不足となり、洗剤が溶け残る可能性があります。
    洗濯ネットを使用する場合は、詰め込みすぎないようにしてください。


上記をご確認いただいても改善しない場合は、すすぎの方法を変更することをおすすめします。

  • すすぎの回数を増やしてください。
  • すすぎを注水すすぎへ変更してください。
  • ナイアガラすすぎ機能がある洗濯機をお使いの場合は、ナイアガラすすぎへ変更してください。

今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。