ページの本文へ

Hitachi

ドラム式洗濯機は、洗濯運転中はドアに直接洗剤液がかかったり、洗濯物が接触したりします。また、乾燥運転中は糸くずやほこりが発生します。
そのため、ドアの内側やドアパッキンに洗剤の固まりや糸くずがつきやすく、そのままにしておくとドアの密閉性が悪くなったり、水漏れの原因や他の洗濯物に糸くずがついてしまう場合があります。

wash_a146_01.png

ドアやドアパッキンに糸くずやほこりがついた場合や、糸くずやほこりの付着をできるだけ減らしたい場合は、以下をおためしください。


目次

[糸くずやほこりを落とす方法]

  1. ドア周りについた糸くずやほこりをふき取ります
  2. 糸くずフィルター、乾燥フィルターをお手入れします
  3. 「自動おそうじ」を設定します

[糸くずやほこりの発生を減らす方法]

  1. 乾き具合を「しっかり」に設定します
  2. 定期的に槽洗浄をします


糸くずやほこりを落とす方法


1.ドアについた糸くずやほこりをふき取ります

ドアの内側やドアパッキンを、柔らかい布でふき取ってください。お手入れについては、使いかた動画ページの「ドア周り」を参考にしてください。


2. 糸くずフィルター、乾燥フィルターをお手入れします

糸くずフィルターや乾燥フィルターをお手入れし、汚れを取り除いてください。それぞれのお手入れ方法は、以下をご確認ください。


3. 「自動おそうじ」を設定します

「自動おそうじ」を設定すると、洗濯槽の裏側など、見えない部分につきやすい汚れも自動で洗い流します。「自動おそうじ」の設定方法は、以下をご確認ください。


糸くずやほこりの発生を減らす方法


1. 乾き具合を「しっかり」に設定します

乾き具合を「しっかり」に設定すると、乾燥中に温風を出しながら脱水するため、糸くずの付着を減らせます。

以下の操作手順はBD-NV120Fの例で、操作パネルやボタン名などお使いの機器によって異なります。詳しくは、お使いの製品の取扱説明書をご参照ください。

[乾き具合を「しっかり」に設定する方法]

  1. [切/入]ボタンを押し、電源を入れる

  2. [洗→乾]ボタン、または[乾燥]ボタンのいずれか運転したいボタンを押し、コースを選ぶ
    「毛布」「静止乾」「スチームアイロン」コース、「洗→乾」「乾燥」運転の「15/30/60/90分」は選択できません。

  3. [脱水/乾き 具合]ボタンを押す
    脱水時の回転数と、乾き具合を選択します。工場出荷時は表示なし(ふつう)が設定されていますが、ボタンを押すごとに、ボタン上部が「しっかり」、「弱め」に表示が切り替わるので、「しっかり」を選択します。

  4. [スタート/一時停止]ボタンを押す
    設定した内容は電源を切っても記憶されています。設定を変更したい場合は、1.から同じ操作をおこなってください。


2. 定期的に槽洗浄をします

洗濯槽の汚れの発生を抑えるために、定期的に槽洗浄をしてください。設定方法は、以下をご確認ください。


カテゴリ別に探す

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。

※6月25日21時~6月26日6時まで、メンテナンスによりWEB受付がご利用いただけません。ご不便をおかけいたしますが、メンテナンス時間帯以外のご利用をお願いいたします。