ページの本文へ

Hitachi

洗濯・脱水運転中に洗濯機が振動し「ガタガタ」と大きな音が出る場合は、以下についてご確認ください。
すべてを確認しても改善しない場合や、洗濯槽内に何も入れていない状態で運転しても振動してしまう場合は、お買い上げの販売店または修理相談窓口に点検のご相談をしてください。


目次

  1. 洗濯機が水平に設置されているか確認します
  2. 洗濯物が片寄っていないか確認します
  3. 排水口のお手入れをして改善するか確認します


1.洗濯機が水平に設置されているか確認します

洗濯機が水平な場所に設置されていないと、洗濯物がかたよって振動してしまうことがあります。
洗濯機が水平に設置されているか、水準器を使ってご確認ください。
水準器は、本体が床面に対して水平に設置されているか、円の中にある気泡で確認することができ、中心に近くなるほど、その傾きも少なくなります。
気泡が円内に入っていない場合は、調節脚(向かって右前脚)あるいは付属品の脚キャップで高さを調整してください。
wash_a175_01.png

水準器は本体に内蔵されている機種と、付属部品として同梱している機種があります。
水準器の位置は、お使いの機種によって異なります。詳しくは、お使いの機種に付属されている据付説明書をご確認ください。


2.洗濯物が片寄っていないか確認します

脱水時に片寄りが発生すると、振動が大きくなります。
洗濯物が片寄っている場合は、以下の手順で片寄らないように入れ直してください。

  1. 洗濯物を取り出します。
    [スタート/一時停止]ボタンを押して、水が抜けていることを確認してから、ふたのロックを解除し、洗濯物を取り出します。
    このとき、洗濯物に含まれた水分で周囲がぬれないように、下にタオルなどを敷いて、ゆっくりと取り出してください。

  2. 洗濯物を入れ直します。
    洗濯・脱水槽内の外側に洗濯物がドーナツ状になるよう均一に入れ直してください。
    wash_a175_02.png

    綿など水を含んで重くなりやすい洗濯物が1ヵ所に固まっている場合は、均一に見えてもバランスが悪くなります。洗濯物を広げてから入れ直してください。

    以下の洗濯物は、ひとつだけで洗濯すると片寄りやすくなります。

    • フリースなど水を含みにくい洗濯物
      他の洗濯物を2、3枚加えてください。

    • ジーンズ
      色移りしやすいので、同色の物を1、2枚加えてください。

    • タオルケットなどの大物や、洗濯ネットに入れた洗濯物
      水を含んで重くなり、片寄りが起こりやすくなります。
      乾いたバスタオルなどを、1、2枚加えてください。
      wash_a175_03.png

      洗濯ネットを使う場合は、衣類を詰めすぎないようにしてください。また、一辺が40cm以上の大きな洗濯ネットは、異常振動や洗濯物の片寄りの原因になる可能性があるため、小さい洗濯ネットをお使いください。

  3. 運転を再開します。
    洗濯物を入れ直したら、ふたをしっかりとロックし、[スタート/一時停止]ボタンを押して運転を再開してください。
    洗濯機の電源を切ってしまったり、運転を停止してしまった場合は、脱水のみ個別にやり直してください。詳しくは、以下のページをご覧ください。


3.排水口のお手入れをして改善するか確認します

排水の流れが悪いと、洗濯槽と脱水槽の間に水が残り、脱水槽の回転バランスが崩れ振動が大きくなります。
排水ホースを排水口から取り外し、排水ホースや排水口についているごみを取り除いて改善するかお試しください。




カテゴリ別に探す

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。

※6月25日21時~6月26日6時まで、メンテナンスによりWEB受付がご利用いただけません。ご不便をおかけいたしますが、メンテナンス時間帯以外のご利用をお願いいたします。