ページの本文へ

Hitachi

洗濯や脱水中に、洗濯機の振動や「ガタガタ」と大きな音が出る場合は、以下のような原因が考えられます。

  1. 洗濯機の傾き
  2. 床の強度不足
  3. 洗濯物のかたより
  4. 水が浸透しない洗濯物
  5. 洗濯物の詰め込みすぎ
  6. 輸送用固定ボルトがついている(ドラム式)


  1. 洗濯機の傾き
    水平な場所に設置されていないと、洗濯物がかたよることで振動してしまうことがあります。
    付属の水準器の気泡が、円の中に入っていることをご確認してください。
    wash_a88_03.png

  2. 床の強度不足
    特にドラム式は、ドラムが垂直方向に回転するため、タテ型に比べ振動が床に伝わりやすく、横揺れや音が大きくなることがあります。
    すべりやすい床や、やわらかいフローリングは振動の原因になるため、補強板(別売り)の設置をおすすめします。補強版については、お使いの機種の据付説明書をご覧ください。
    wash_a88_02.png

  3. 洗濯物のかたより
    以下のような洗濯物は水を含みやすく重くなるため、ひとつだけで洗濯すると、脱水時にかたよりが発生し、振動が大きくなります。
    • タオルケットなど大きくて厚手の物
    • 洗濯物を入れた洗濯ネット
    • ジーンズ

    上記のような物を洗う場合は、他の洗濯物と一緒に洗濯してください。色移りしやすいジーンズなど2、3本まとめて洗濯してください。


  4. 水が浸透しない洗濯物
    以下のものを入れて洗濯や脱水をすると、振動が起きやすく、故障の原因となりますのでお控えください。
    • 裏がゴムになっているマットなどの敷物
    • 防水性の衣料や、繊維製品

  5. 洗濯物の詰め込みすぎ
    洗濯物を1回で大量に洗おうとすると、激しい振動が起きることがあります。適度な量に分けて洗濯してください。

  6. 輸送用固定ボルトがついている(ドラム式)
    ドラム式洗濯機の背面には、お買い上げ時に輸送用の固定ボルトが装着されています。輸送用の固定ボルトを外さないまま運転すると、振動や騒音が大きくなりますので外してご使用ください。
    輸送用固定ボルトを確認する方法は、お使いの製品の据付説明書をご覧ください。
    wash_a88_01.png

[参考:脱水モードの変更(ドラム式のみ)]
ドラム式洗濯機の場合は、脱水モードを「標準モード」から「低振動モード」に変更することで、振動や音を抑えることができます。
※「低振動モード」に設定すると、「標準モード」よりも運転時間が長くなります。

「低振動モード」については、お使いの製品の取扱説明書、または使いかた動画ページの「振動が気になる」をご覧ください。
→「使いかた動画:ドラム式洗濯乾燥機


上記を確認しても改善しない場合や、槽内を空にして運転しても、大きな音がする場合は、お買い上げの販売店または修理相談窓口に点検のご相談をしてください。



今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。