ページの本文へ

Hitachi

洗剤と汚れが結合して石けんかすが発生し、洗濯槽に付着すると空気中にあるカビがこれらを分解して自然に戻そうとするため黒カビが発生します。
黒カビの発生を予防するには以下をお試しください。

  • 洗濯・脱水槽を乾かす。
    「槽乾燥」コースは槽(ドラム)の裏側までしっかり乾かすので、カビの発生を抑えます。搭載機種の方は「槽乾燥」コースを行ってください。
    また、使用していないときは、ふた、内ふたを開けておくことをおすすめします。(子どもが洗濯・脱水槽の中に入らないよう注意してください)

  • 洗剤を入れすぎない。
    洗剤を入れすぎると、溶け残ってカビの栄養分になります。洗濯機に表示される使用量を目安に適量を投入してください。

  • 「自動おそうじ」を設定する(搭載機種のみ)。
    「自動おそうじ」を設定すると、すすぎの後にきれいな水道水のシャワーで洗濯槽を洗い流し、黒カビの発生を抑えます。

    wash_a44_01.jpg
    ドラム式イメージ図

    wash_a44_02.jpg
    タテ型イメージ図

    詳しくは以下を参考にしてください。
    →「「自動おそうじ」について教えてください。

  • 「槽洗浄」コースを定期的に行う。
    「自動おそうじ」を設定している場合は、3~4か月に1回、「自動おそうじ」未搭載機種や未設定の場合は、1~2か月に1回を目安に槽洗浄を行ってください。
    槽洗浄について詳しくは以下を参考にしてください。
    →「洗濯槽のお手入れ方法を教えてください。


今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。