ページの本文へ

Hitachi

引っ越しをするとき、または凍結の恐れがあるときは、以下を参考に洗濯機の水抜きを行ってください。
水抜きの方法は機種によって異なりますので、詳しくはお使いの機種の取扱説明書をご確認ください。


[参考:BD-NX120Bの場合]

槽内の洗濯物などを取り除いたあと、給水ホース内、ドラム内の順に水抜きを行ってください。

[給水ホース内の水を抜く]

  1. 排水ホースが排水口に差し込まれているかを確認し、水栓(蛇口)を閉める

  2. [切/入]ボタンを押し、電源を入れる

  3. [清潔]ボタンを押し、「槽洗浄」コースを選ぶ

  4. [スタート/一時停止]ボタンを押し、約10秒間運転する
    ※これにより、給水ホース内の水を抜きます。

  5. [スタート/一時停止]ボタンを押し、運転を一時停止する

  6. [切/入]ボタンを押し、電源を切る

  7. 給水ホースを外し、下に向ける
    ※この際、抜ききれなかった水が垂れる場合があります。
    給水ホースの先にバケツなどの容器を置くか、ぞうきんをあてるなどして、水を受けてください。

[ドラム内の水を抜く]

  1. お湯取ホースを取り付けている場合は、浴槽からクリーンフィルター(お湯取ホース)を取り出し、吸水つぎてを外す
    詳しくは、以下をご覧ください。
    →「お湯取ホースの水の抜き方を教えてください。

  2. [切/入]ボタンを押し、電源を入れる

  3. [脱水]ボタンを押し、脱水「1分」を設定して運転する

※これにより、ドラム内と排水ホース内の水を抜きます。
※水抜きを行ったあともドラムを回すと水の音がしますが、これは脱水時のバランスを取るためにバランスリングの中に入っている水の音です。ドラム内に水が残っている訳ではありません。

今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

「お手入れのポイント」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。