ページの本文へ

Hitachi

洗剤や柔軟剤が流れずにケースの中に残ってしまう場合は、洗剤の溶け残りが詰まったりしているなど、様々な原因が考えられます。以下の対処方法をご確認ください。
すべてを確認しても改善しない場合は、お買い上げの販売店または修理相談窓口に点検のご相談をしてください。

目次



洗濯機が水平に設置されているか確認します

洗濯機が傾いていると、洗剤や柔軟剤を投入しても、ケースに残ってしまう場合があります。付属品の水準器を使って、気泡が円の中に入っていることを確認してください。
水準器とは、本体が床面に対して水平に設置されているかを確認する器具で、機種によって設置位置が異なります。詳しくは据付説明書をご覧ください。
wash_a84_04.png


水栓(蛇口)が開いているか確認します

洗剤(柔軟剤)ケースに入れた洗剤や柔軟剤は、水道水を使ってサイホン現象で洗濯槽に流し込むため、運転する前にかならず水栓(蛇口)を開けてください。


風呂水でのお湯取り設定をしている場合も、水道水を使って洗濯槽に流し込むため、水栓(蛇口)を開けておいてください。


洗剤(柔軟剤)ケースのふたやキャップを確認します

自動投入している場合
液体洗剤と柔軟剤のそれぞれの自動投入口に入れているか確認し、ふたがしっかり閉まっているかご確認ください。

手動投入している場合
洗剤(柔軟剤)ケースのキャップが奥まで差し込まれていないと、洗濯が終了したときに洗剤(柔軟剤)ケースに洗剤や柔軟剤が流れずに残る場合があります。キャップをしっかりと奥まで差し込んでください。
wash_a84_02.JPG


洗剤や柔軟剤が固まっていないか確認します

粉末洗剤は、洗剤が固まった状態で手動投入口に入れると流れない可能性がありますので、よく砕いてから入れてください。
また、溶けにくい、流れにくい洗剤や柔軟剤は、水でよく溶かしてから投入してください。


洗剤(柔軟剤)ケース、キャップなどが汚れていないか確認します

洗剤(柔軟剤)ケースやキャップに溶け残りが付いていると、詰まって流れない場合があります。汚れている場合は、ケースやキャップを水で洗い流してください。汚れがひどいときは、お湯(約40℃)に5分浸し、歯ブラシなどで汚れをこすり落としてください。
投入口が汚れている場合は、水ぶきをしてください。
wash_a84_05.png


給水口のフィルターに付いたゴミを取り除きます

給水口のフィルターにゴミが詰まっていると、水流が弱くなることで給水に時間がかかったり、洗剤や柔軟剤が流れない原因になります。
以下をページをご覧いただき、給水口のフィルターに付いたゴミを取り除いてください。





カテゴリ別に探す

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。