ページの本文へ

Hitachi

洗剤・柔軟剤が流れていない場合は以下の事が考えられますので、ご確認ください。

  • 洗剤ケースが汚れていませんか? 
    洗剤ケースが汚れていると、洗剤や柔軟剤の溶け残りが原因で、上手く流れていかない可能性があります。

    洗剤ケースとキャップを水で洗い流してください。汚れがひどいときは、お湯(約40℃)に5分浸し、歯ブラシなどで掃除してください。
    詳しいお手入れ方法はお使いの機種の取扱説明書をご覧ください。

    例)BD-NX120EL:洗剤ケースのお手入れ
    wash_a84_01.JPG

  • 洗剤ケースのキャップが奥までしっかりはまっていますか? 
    キャップがしっかりはまっていないと、洗濯が終了したときに洗剤ケースいっぱいに水が残り、柔軟剤が流れない場合があります。

    例)BW-DV120Eの洗剤ケースとキャップ
    wash_a84_02.JPG

  • 洗濯機が水平になっていますか?
    洗濯機が水平になっているか、水準器で確認してください。
    水準器の気泡が円内に入っていない場合は、付属品の脚キャップで高さ調整をしてください。

    [水準器が洗濯機に設置されている場合の確認方法]
    wash_suizyun1.JPGwash_suizyun2.JPG


    [水準器が洗濯機に設置されていない場合の確認方法]
    付属品の水準器を下図の位置に置いてご確認ください。

    wash_suizyun3.JPG

    [全自動洗濯機(NW-)]
    wash_suizyun4.JPG

    [ドラム式洗濯機(BD-)]
    wash_suizyun5.JPG

  • 蛇口がしまり気味になっていませんか?
    水栓(蛇口)の開け方が弱いと、上手く洗剤が流れていかない可能性があります。
    また、水圧が強すぎる場合も上手く流れない可能性があります。
    閉まり気味の場合は開けていただき、全開にされている場合は少し閉めてください。

  • 粉末洗剤がダマになっていたり、洗剤ケースがぬれた状態のまま洗剤を入れたりしませんでしたか?
    粉末洗剤をご使用の場合、洗剤が固まった状態で投入すると、上手く流れていかない可能性があります。ダマになっている洗剤は砕いてから入れてください。
    また、洗剤ケースがぬれている場合には、洗剤ケースを拭いてから投入してください。

  • 給水口のフィルターに目詰まりはありませんか?
    給水口のフィルターにゴミが詰まっていると、水流が弱くなり、洗剤や柔軟剤が流れていかない原因となります。
    以下を参考に、給水口のフィルターに目詰まりがないかご確認ください。
    →「水の出が悪くなった時のお手入れ方法を教えてください。
    wash_a84_03.JPG

上記を確認いただき、それでも改善されない場合は、お買い上げの販売店もしくは修理相談窓口に点検をご依頼ください。

今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。