ページの本文へ

Hitachi

洗濯物の黒ずみ、黄ばみ、色移り、変色は、さまざまな要因により発生します。
wash_a87_001.png


黒ずみ

洗剤や柔軟剤の投入量が多すぎると、すすぎきれずに蓄積して汚れとなり、黒ずみの原因となります。


黄ばみ

繊維の奥に残った皮脂汚れが酸化すると、黄ばみの原因となります。


色移り・変色

衣類の染料が溶けだしたり、衣類同士がこすれることで色移りや変色の要因となります。


それぞれの症状にあわせた対処方法をおためしください。


目次


黒ずみ・黄ばみを抑える方法


  • 洗濯物を入れすぎないようにします
    運転するコースにより、適した洗濯物の量が異なります。洗濯物を入れすぎると汚れが落ちにくくなり、黒ずみや黄ばみが発生しやすくなるため、運転するコースにあわせ、洗濯物を入れすぎないようにしてください。

  • 洗剤や柔軟剤は、専用の投入口から入れます
    洗剤と柔軟剤のそれぞれの投入口に入れることで、きちんと洗剤を溶かしたり、柔軟剤の投入タイミングを自動的に調整します。

  • 洗剤や柔軟剤の自動投入の設定を見直します
    取扱説明書や以下のページを参照し、自動投入や基準量が正しく設定されているかご確認ください。

  • すすぎの設定を見直します
    すすぎ回数を増やすか、「ナイアガラすすぎ」「注水すすぎ」の設定をします。
    すすぎの設定以外にも、予洗いや、洗い時間を長く設定することもおすすめします。

  • 洗濯が終わったら、できるだけ早く洗濯物を取り出します
    洗濯後の洗濯槽は湿度が高く雑菌が繁殖しやすい環境のため、ぬれたまま長時間洗濯機の中に入れないようにしてください。

  • 「温水ミスト」の設定をします
    洗い工程の前に、洗濯物に温水ミストを吹きつけ、衣類を温めます。洗剤の酵素パワーを活性化させ、かくはん洗いをすることで、黄ばみの原因となる皮脂汚れを落とします。
    タテ型洗濯乾燥機/全自動洗濯機の場合は、「温水ミスト 90分」(もしくは「高濃度つけおき 120分」)を設定してください。
    ドラム式洗濯乾燥機の場合は、「温水ミスト 30分」を設定してください。

黒ずみ・黄ばみを落とす方法


  • 洗濯物を事前につけ置きします
    3倍濃度の洗剤液に一晩つけ置きし、その後で通常の洗濯をします。
    白物の洗濯物の場合は、塩素系漂白剤または還元系漂白剤のつけ置きをします。
    色物、柄物の場合は、酸素系漂白剤で短時間のつけ置きをします。

  • 洗剤を自動投入する場合は、洗剤量を「多め」に設定します
    自動投入の洗剤量などの設定方法は機種により異なります。お使いの機種の取扱説明書をご確認ください。

  • 「温水ミスト」の設定をします
    タテ型洗濯乾燥機/全自動洗濯機の場合は、「温水ミスト 180分」(もしくは「高濃度つけおき 360分」)を設定してください。
    ドラム式洗濯乾燥機の場合は、「温水ミスト 90分」を設定してください。

色移り・変色を抑える方法


  • ほかの洗濯物と分けて洗濯します
    色の濃い洗濯物など色移りしやすいものは、ほかの洗濯物と分けて洗濯し、長時間のつけ置きはしないでください。

  • 水道の水が汚れていないか確認します
    水道管のさびが含まれていないか、タオルなどで水を通してご確認ください。もし、さびが含まれて汚れてしまう場合は、水道工事店へご相談ください。

  • 槽洗浄をおこない、洗濯槽をお手入れします
    洗濯槽に色移りなどが発生した場合は、「槽洗浄」コースを運転して槽内をお手入れをしてください。
    槽洗浄については、以下のページをご参照ください。

色移り・変色を落とす方法


  • つけ置き洗いをします
    白物は塩素系漂白剤、または還元系漂白剤、色・柄物は酵素系漂白剤で漂白(洗面器などで短時間のつけ置き)してください。
    このとき、洗濯物をいためてしまうことがありますので、洗剤・漂白剤の注意書きや洗濯物の絵表示などをご確認ください。


カテゴリ別に探す

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。

※6月25日21時~6月26日6時まで、メンテナンスによりWEB受付がご利用いただけません。ご不便をおかけいたしますが、メンテナンス時間帯以外のご利用をお願いいたします。