ページの本文へ

Hitachi

本体やパワーヘッドのモーター過熱を防ぐため、保護装置がはたらき、以下のような状態になることがあります。

  • 本体が運転しない、または運転中に止まる
  • パワーヘッド(吸口)の回転ブラシ(パワーブラシ)が回転しない

この場合、「切」スイッチを押して本体の運転を止め、電源プラグをコンセントから抜いて、以下をご確認ください。
約5分~60分後に保護装置が解除されると、再びご使用いただけます。


[本体が運転しない、または運転中に止まる]
本体モーターの過熱を防ぐために、一時的に電力を抑える保護運転になることがあります。
さらにこの状態で運転を続けると、自動的に運転を停止します。

原因直しかた
ダストケース・フィルターにごみが詰まっている ごみ捨てやダストケース・各フィルターのお手入れをします。お手入れの方法については、以下を参考にしてください。

[スティッククリーナー]
→「性能維持や長持ちさせるためのお手入れ方法を教えてください。
→「内筒フィルターの取り外し/お手入れの方法について教えてください。

[サイクロン式クリーナー]
→「サイクロン式のお手入れの方法を教えてください。

[紙パック式クリーナー]
→「パックフィルター(紙パック)の取り外し/ごみ捨ての方法を教えてください。
→「紙パック式のフィルターのお手入れ方法を教えてください。
吸込口をふさいだまま運転している 吸込口をふさいでいるものを取り除きます。
ホース・延長管にごみが詰まっている ホース・延長管に詰まったごみを取り除きます。
電池や本体モーターの温度が高い 電池や本体モーターの温度が十分下がるまで待ちます。

[パワーヘッド(吸口)の回転ブラシが回転しない]
パワーヘッドモーターの過熱を防ぐために、自動的に回転ブラシの回転を停止します。
「本体が運転しない、または運転中に止まる」の内容に加え、以下もご確認ください。

原因直しかた
回転ブラシに異物を挟み込んでいる
空気取り入れ口にごみが詰まっている
パワーヘッドのお手入れを行い、回転ブラシや空気取り入れ口に挟み込んだ異物を取り除きます。
詳しくは、以下をご確認ください。
→「「パワーヘッド(吸口)」のお手入れの方法を教えてください。
回転ブラシが、床やじゅうたんに押しつけられている 保護装置が解除されるまで(約5分~60分)待ちます。
お掃除の際、パワーヘッドを床やじゅうたんに強く押しつけないようにします。

保護装置が働く原因や直しかた、お手入れ方法は機種によって異なりますので、詳しくはお使いの機種の取扱説明書をご覧ください。
上記をご確認いただき、改善されない場合は、お買い上げの販売店または修理相談窓口に点検のご相談をしてください。

今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

「故障かな?」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。