ページの本文へ

Hitachi

「暖められた空気」と「外気温」との温度差から乾燥フィルターに結露が発生し、湿ってしまうことがあります。冬場などの外気温が低いときに、室内との温度差が大きいときなどに発生しやすくなります。
また、乾燥運転を途中停止した場合なども、洗濯物の湿り気によって結露が発生し、乾燥フィルターが湿ることがあります。

乾燥フィルターの例(ドラム式)
wash_a90_001-1.png

乾燥フィルターの例(タテ型)
wash_a90_002-1.png

湿ったままの乾燥フィルターを放置するとカビが発生するおそれがありますので、乾燥フィルターが湿っている場合は取り外し、乾いた布でふき取るか、自然乾燥させてください。

なお、購入後の初めの数回は、乾燥運転時に水滴がつく場合がありますが、この場合は異常ではありませんのでご安心ください。

水がしたたるくらい濡れている場合は、洗濯機内部に何らかの問題が発生している可能性がありますので、お買い上げの販売店または修理相談窓口に点検をご相談ください。

以下に、結露と関係がある運転の種類や、結露を発生しにくくする方法などについて説明します。

目次



結露と関係がある運転の種類

以下の運転時は、結露が発生しやすく乾燥フィルターが湿る場合があります。

  • 乾燥運転時
    循環している湿った空気が乾燥フィルターを通る際に、外気温との温度差から結露が発生しやすくなります。

  • 洗濯のみの運転時(お湯取運転、温水ミスト、ダニ対策コースなど)
    運転中に洗濯槽が温められるため、「洗濯槽内にたまった湿った空気」と「外気温」との温度差から、結露が発生しやすくなります。


結露を発生しにくくする方法


カテゴリ別に探す

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。

※6月25日21時~6月26日6時まで、メンテナンスによりWEB受付がご利用いただけません。ご不便をおかけいたしますが、メンテナンス時間帯以外のご利用をお願いいたします。