ページの本文へ

Hitachi

電子レンジ

食品の重さと表面温度をはかって*1加熱のパワーや時間をオートでコントロール。

食品の重さと表面温度をはかって*1加熱のパワーや時間をオートでコントロール。さらに、野菜をシャキシャキに仕上げる新制御が加わりました。

①食品(容器を含む)の表面温度をはかる
センター赤外線センサー

平面図(上から)

8眼センサーが15段にスイング(120分割)して、食品(容器を含む)の表面温度をはかる。

イメージ図

②食品(容器を含む)の重さをはかる
重量センサー

庫内底面の重量センサーで、食品(容器を含む)の重さをはかる。

イメージ図

③焼網

焼網で焼くと表面全体を加熱することができるため、裏返しなしで両面焼けます。さらに余分な脂を落とします。

分量にあわせて火加減おまかせ。

付属の取扱説明書、webレシピ集に記載の「1回で作れる分量」の範囲内ならどんな分量でも重さと温度をはかって*1、火加減をオートで調節。魚が1切れでも2切れでも、メニューを選んでスタートボタンを押すだけです。

野菜をシャキシャキに仕上げる新制御

Wスキャンで食品の重さと表面温度から必要な加熱量を算出、さらに食品の温度変化から食品エリアを特定。

食品のエリアのみを集中的にセンシングするから、短時間で温度変化を見極め、最大1,000W*2の大火力ですばやく加熱。

大火力で一気に調理。野菜から出る水分量をおさえながら仕上げて、シャキシャキ食感に。

野菜シャキシャキメニューを見る

クックパッドで殿堂入りのレシピがオートで手軽に作れる。

おうちの調味料で作れるオートメニューを
食品メーカーとコラボ。

材料を入れて加熱するだけ。
簡単プラボウルメニュー。

ボウルに下ごしらえした材料を入れて加熱すれば完成。軽くて割れる心配がなく、扱いやすい耐熱プラスチックボウルで調理できます。

耐熱プラスチックボウル

耐熱ガラスボウル

プラスチックも
ガラスも選べる

※耐熱プラスチックボウルは耐熱温度140℃以上のものをお使いください。

1人分ならサッと最短1分でできる
スピードメニュー。

最短1分から10分以内で作れるメニューを搭載。あともう1品欲しいときに便利です。Wスキャンで分量にあわせて加熱時間を調整するので、少ない分量ならより早く仕上がります。

冷凍のごはん・おかずの
「オートあたため」
スピードアップ

※冷蔵や常温のおかず、ごはんのあたためには対応していません。

冷凍ごはん(150g)のあたため時間
約2分8秒 ▶ 約1分48秒

※当社調べ。2020年度商品MRO-W1Yで解凍・あたためした場合との比較。

プロの火加減を
オートメニューに応用。

調理のプロ、香川調理製菓専門学校の教授・講師の火加減を25オートメニューに応用しました。

皮はパリッと香ばしく、身はふっくらとしています。私の火加減を再現できていると思います。

原口 英男 先生

3品まとめて調理できます。
[おかずセット]

主菜1品、副菜2品を一度にまとめて作るセットメニュー(7オートメニュー)で手間を省きます。
3品を同時に作るから、食卓で主菜と副菜をあわせて、出来たてが食べられます*3

組み合わせは147通り。

●鶏の照り焼き●あじフライ●ピーマンの肉詰め●塩さば●ぶりの照り焼き●鶏のから揚げ●メンチカツ(7種)

●ほうれん草のソテー●かぼちゃのごまあえ●きのこの焼きびたし●ホットサラダ●アスパラベーコン巻き●小松菜となめたけのあえ物●水菜としめじのあえ物(7種)

面倒な下ゆでもオートで調理。
下ごしらえの手間が減らせます。

レンジオーブングリルスチーム過熱水蒸気

レシピにあわせて5種の加熱方法を使い、おいしく仕上げます。

①塩・こしょうなどで下味をつけた牛肉を焼網にのせ、庫内に入れる。

②レンジですばやく牛肉の内部温度を上げる。

③オーブンに加え、より強い火力の過熱水蒸気で 表面を焼き、うまみを閉じ込める。

④オーブンで包み込むように表面をじっくり焼き、中はレアに仕上げる。

揚げ油を使わず揚げ物も

煮崩れの心配なく煮物も(イメージ)

蒸し器いらずで蒸し物も

フライパンを振らずに炒め物も

火加減の難しい焼き物も

ササッと作りたいパスタも

*1 食品(容器を含む)の重さと温度をはかります。加熱前の表面温度とメニューごとに規定した表面温度までの温度変化をみます。

*2 オート調理のレンジ最高出力1,000Wは短時間出力機能であり、運転の途中で出力が自動的に切り替わります。オート調理の限定したメニューにのみ働きます。

*3 食品の分量は、付属の取扱説明書、webレシピ集に記載の主菜と副菜の割合で調理してください。

○ このページは、MRO-W1Zの特長を紹介しています。